レビュー

ブレンダーなのにタンブラー型、USB充電式&丸洗いも可能で超絶便利な「POWERGIANT」のミニボトルブレンダーを使ってみた


タンブラーのように片手で扱いやすいサイズでありつつ、食材をしっかりかき混ぜることが可能という、持ち運び&1人暮らし使いに便利な「POWERGIANT ミニボトルブレンダー」が登場しています。ブレンダーというと「刃の掃除とか面倒くさそう……」と思われがちですが、底ではなくフタに刃がついている形状で、丸洗いもOKなので、それこそタンブラーのように扱いやすそう……ということで、実際に購入して使ってみました。

POWERGIANTのミニボトルブレンダーが到着。


箱を開けてみると、中には取扱説明書・本体・ストラップ・充電用microUSBケーブルが入っていました。


説明書は日本語かつイラスト付きなので、使い方で迷うことはまずありませんでした。


本体を手にとってみると、一般的なブレンダーのイメージとは違う、タンブラーのような形状。重さは450gです。


高さは実測で約18cm、フットプリントは約6.5cm、天面の直径は約8cmでした。


フタにはmicroUSB端子があるので、付属のケーブルで充電を行います。


携帯する予定の人はストラップをつけておくのもアリ。


充電を行うと、天面のボタンが赤く点灯します。1400mAhリチウムイオンバッテリーが内蔵されており2~3時間かけて1度充電すると、連続して10回使用することが可能になります。


フタの裏面には歯がついていました。


フル充電が完了したところでミックスジュースを作ってみます。フルーツ・牛乳・ヨーグルトなど好きな材料を準備します。


「食材は1cm角にカットしてください」とのことだったので、カットしたバナナといちごをブレンダーに投入。


牛乳やヨーグルトを入れて……


フタをしっかり閉めると、ボタンが緑色に光りました。ボタンが光らないうちはフタがちゃんと閉まっておらず、ブレンダーを起動することができません。


点灯を確認したらボタンを2回押します。


すると刃の回転が始まるのでブレンダーをひっくり返して……


あとはこの状態で放置。1回の運転は38秒となっており、運転が終わると自動的にオフになります。


38秒後、バナナいちごスムージーの完成。


タンブラーのような形状で、ラバー製のスリーブが着いているので滑りにくく、そのまま飲みやすいというのも大きなポイントなのですが……


せっかくなのでフルーツと一緒に盛り付けてみました。飲んでみたところ、材料はしっかりとかき混ぜられていて、フルーツの塊が残ることなくなめらかな舌触り。使う前は「38秒では撹拌時間が短くないか?」と印象だったのですが、問題ありません。


ブレンダーを使っている様子は以下からも確認できます。ブレンダーの使用は音が気になるところですが、そこまで大きくないので騒音が気になるマンションなどでも使いやすそうです。

POWERGIANTのミニボトルブレンダーを使ってみた - YouTube


ただひっくり返す使い方のため、底面に食材が張り付いてしまうこともあり、しっかり確認してから使用する必要があります。


さらに凍ったブルーベリーとヨーグルト、ミルクなどを入れて……


ブレンド。


凍ったフルーツでも問題ありませんでした。


外出しにくい状況が続くなか、おうちにいながらにして華やかなドリンクを作りたい……という人はいろいろ試してみるのも楽しそう。何度か試してみたところ「バナナを入れると味がよくなるが、色がくすむ」という課題にもぶつかりました。以下は分量を変えて2色を使いにすることで味と見た目の両方を良くしようと格闘している様子。


フルーツでごまかしました。


何度か使ってみたところ、「フルーツは1cm角にしなくとも問題ないのでは?」と感じたので、大きめにちぎってみました。チョコバナナジュースにすべく板チョコも入れてみます。


ブレンドしてみると……


バナナは大きな塊が残ることなくなめらかなペースト状になっていましたが、大きめに砕いた板チョコはうまく砕かれず残ってしまいました。柔らかい素材は多少大きくても問題ありませんが、固形のものは1cm角にカットした方がよさそうです。


もちろんジュース以外も作れます。大豆プロテイン・レンチンしたブロッコリー・コンソメを用意し……


ブレンダーの中に材料とお湯を入れます。


38秒間ブレンドすると……


プロテイン入りブロッコリーのポタージュ。


タンブラーのまま飲めば洗いものも少なくなって便利なのですが、今回はどのくらいブロッコリーが細かくなっているか確認すべく、お椀に移してみました。ブロッコリーは「1cm角」どころではない大きめサイズのものをドバッと投入したのですが、レンチンで柔らかくなっていたためか細かく刻まれ、大きな塊は残っていません。大豆プロテインで作った豆乳風ポタージュは少し泡立っていてクリーミーでした。


なお、本体は丸洗い可能。一般的なブレンダーの形状だと底に刃があるので洗いづらいのですが、POWERGIANTのミニボトルブレンダーは凹凸や隙間なども少ないシンプルな設計なので洗いものはかなり楽チンでした。


実際に使ってみたところ、1人暮らし・1食分の食事を作る人であればかなり使い勝手のいいサイズ感で、収納場所をあまり取らないのもうれしいところ。充電しながらの使用ができないので、ある程度充電をしておく必要がありますが、コードレスで使えるのは便利な点です。Amazonでの価格は記事作成時点で税込2999円となっており、「ミキサーを購入したいけれど邪魔になりそう……」と悩んでいる人であれば手を出しやすいアイテムといえます。

Amazon | 【POWERGIANT】ジューサー ミニボトルブレンダー ミキサー ポータブル 小型 300ML USB充電式 操作簡単 手作りフルーツジュース アウトドア 旅行 出張 オフィスなど適用 一年品質保証 | POWERGIANT | ジューサー 通販

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「材料を入れて放置」でお店レベルの料理の数々が完成&低温調理も可能なスマホ連携の「ホットクック」にお一人様向けサイズが登場、新機能など使ってみた - GIGAZINE

ソフトクリーム食べ放題を実現するべくソフトクリームメーカーを買ってみました - GIGAZINE

徹底的にミントリキュールとチョコにこだわり自作のチョコミントを作ってみた - GIGAZINE

煙を出さずに尋常ならざるジューシーなお肉が焼ける卓上調理器「ザイグルハンサム」レビュー - GIGAZINE

「材料を入れて放置」で驚異的な柔らかさの角煮などが完成、わずか3000円の超便利家電「スロークッカー」の威力を試してみました - GIGAZINE

大皿みたいな白いホットプレート「テーブルグリル ピュア」がすごいのはデザインだけじゃなかった - GIGAZINE

in レビュー,   動画,   , Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.