メモ

「勝ち組」は自分の強さを「運や偶然ではなく実力によるもの」と思い込みやすいのか、トランプゲームで実験した結果は?


努力をして高い地位を獲得した人物がいるとして、それは偶然持ち合わせた才能や、努力できる環境を生まれ持った「運によるもの」という考え方があります。富も名声もある「勝ち組」ほどそのような運や実力といった不平等に気づかず「私の成功は自身の実力によるもの」と思い込みやすいかどうかについて、ニューヨークにあるコーネル大学の社会学研究チームが「仕組まれたゲームの勝者は『このゲームが不公平だった』という事実を見抜けるのか?」という実験を行っています。

It’s not just how the game is played, it’s whether you win or lose | Science Advances
https://advances.sciencemag.org/content/5/7/eaau1156

コーネル大学の社会学研究チームは、実験として被験者に2人で行う簡単なトランプゲーム「スワップ」を行わせました。スワップでは2人のプレイヤーにランダムな9枚のカードを配り、各プレイヤーが交互に場にあるカードよりも大きい数字のカードを出していくというもの。先手のプレイヤーは場に好きな数字のカードを出せるというのがポイントです。場のカードよりも大きな数字のカードが手札にない場合は「パス」を宣言。片方のプレイヤーがパスを宣言した場合、場のカードを流し、もう片方のプレイヤーが再び好きなカードを手札から場に出して、再び同じようにより大きな数字のカードを出し合い、最終的に先に手札がなくなった方が勝利となります。


実験ではこの「スワップゲーム」に、2つのポイントを付け加えます。まず、先手番となるプレイヤーAは、全7ラウンド全てで先にカードを場に出すことができます。一番最初はどのようなカードでも場に出せるため、先手がかなり有利になります。

そして、次のラウンド開始時には「リグレッシブエクステェンジ」が行われます。これは、ラウンド1の勝者は自分の手札の中から最も数字が小さい(弱い)カード2枚をランダムな2枚と交換し、ラウンド1の敗者は手札の最も数字が大きい(強い)カード2枚をランダムな2枚と交換します。大抵の場合、前ラウンドの勝者は手札がより強くなり、前ラウンドの敗者は手札がより弱くなります。強い者にペナルティを与え弱い者に支援を与える「プログレッシブエクスチェンジ」とは逆に、強い者がより強くなり勝ち続け、弱い者はより弱くなり逆転が難しくなるルールです。おまけに、この交換したカードは公開情報となるため、戦略的にも有利不利がはっきりします。


7ラウンド全て終了後、プレイヤーは3項目からなる調査を受けました。ゲームが公平だったかどうかという規範的な質問と、不平等があるとしたらどこに原因があるかという認識、そして結果に満足したかどうかという感情的な反応です。合わせて、ゲームの結果を決定する最も重要な要素と最も重要でない要素は何かヒアリングが行われました。

ほとんどの場合で先手のプレイヤーが勝ち続けました。先手を取り有利な条件で勝利を重ねたプレイヤーはアンケート調査に対して、「このゲームは原理的に公平だった」「勝った(負けた)のは自分のスキルによるもの」といったゲームの不平等に気づいていないことが明らかな回答を、敗者に比べて2倍も多く答えたそうです。


論文では、勝者は「ゲームが不公平だとすると自身の得た賞金は分け合うべき」という公平さに由来する再配分に敏感であると見ています。このように、いわゆる「勝ち組」ほど自身が有利な状況からスタートしているという不平等に気づきにくいということを、ビル・ゲイツとともに富裕層への増税を呼びかけて平等化を訴えた資産家の名前をとって「ウォーレン・バフェット効果」と呼んでいます。

この実験結果を有意義なものだとしつつも、論文では「ゲームの不平等への不満は、不平等そのものではなくゲームが公平であるべきという観点からくるかもしれない」「ゲームのルールにスキルが介入する部分が少なく、逆転が難しいのはゲームが悪いと考えられる可能性がある」など、カードゲームの結果から社会経済的不平等の結論を導くことには注意も必要であると述べています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
サイコパスやナルシストほど権力を握りやすいのはなぜなのか?どうすれば「真のリーダー」を生み出せるのかまとめ - GIGAZINE

「恥」の感覚を有効に使って既得権益に対抗する方法とは? - GIGAZINE

ベンツ・アウディ・BMWのような高級車を所有している人は「嫌なやつ」という研究結果 - GIGAZINE

金持ちになると失ってしまう5つの人間性とは? - GIGAZINE

男性の科学者は女性の科学者よりも自分の研究内容を「すばらしい」と自画自賛しがち - GIGAZINE

寄付した人にお礼を伝える「感謝の電話」が相手の今後の寄付行動に与える影響はゼロ - GIGAZINE

「富の不平等は必然的に生じる」と数理モデルで証明可能 - GIGAZINE

経済学者トマ・ピケティのグループが「より公平なヨーロッパ」を目指して予算100兆円規模の税制マニフェストを提案 - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1e_dh

You can read the machine translated English article here.