ハードウェア

日本メーカーの「ゲーミングベッド」が「最強」「死ぬならこの上がいい」と海外で話題に


ゲーミング家具ブランドBauhutteが自社ブランドの製品を組み合わせて完成させられる「ゲーミングベッド」を発表しました。このゲーミングベッドは大きな反響を呼び、海外のゲームメディアが「ゲーミングチェアを超えた」「死ぬならこの上がいい」と絶賛しています。

予算10万円。ゲーミングデスクの最強レイアウト12選 | Bauhütte®
https://www.bauhutte.jp/bauhutte-life/making-gaming-desk/

This Japanese gamer bed is gaming's final form | PC Gamer
https://www.pcgamer.com/japanese-gaming-bed/

The gaming chair has been replaced by the gaming bed - The Verge
https://www.theverge.com/2020/3/2/21161517/gamer-bed-bauhutte-gaming-furniture-price-design

ごく普通のベッドに、Bauhutteの「ベッドデスク」「昇降式ヘッドボード」「ヘッドホンハンガー」(参考合計予算6万3750円)を組み合わせて完成できるというゲーミングベッドが以下。このゲーミングベッドはBauhutteの「予算10万円。ゲーミングデスクの最強レイアウト12選」という企画の中で発表されました。


そのまま起き上がるだけでゲームをプレイ可能。なお、モデルが着ているのは同じくBauhutte製「ゲーミング着る毛布」。


昇降式ヘッドボードにタブレットアームを設置するとアニメなどの映像作品を鑑賞しながら眠りに就くことが可能。


さらにお菓子やドリンクを大量にストックできる「エナジーワゴン」「スリムボトルラック」に快適性を高める「ゲーミングソファ」「ロングサイドテーブル」(参考合計6万2550円)を追加したゲーミングベッドの究極系はこんな感じに。


ゲーミングソファを背もたれにリラックスしてゲームをプレイできます。


寝ながら映像作品を鑑賞しつつスナック菓子をつまんで堕落しまくることも。


Bauhutteは「目が覚めて、ベッドからデスクに移動する。それだけのことがなぜこんなにも面倒なのでしょうか?この問題、ゲーミングベッドが解決します」と記しています。

このBauhutteのゲーミングベッドは海外でも大きな反響を呼びました。ゲーム系ニュースサイトのPCGamerは「このベッドの登場によって全てのゲーミング関連製品が過去のものになった」と絶賛。「残りの問題はトイレだけ」と記しています。


IT系ニュースサイトのThe Vergeは「このゲーミングベッドを自分の墓にしたい」と記して、「死ぬならこの上がいい」という旨を表明。ただ、「マスクは何のため?」「2人同時に寝られるゲーミングベッドはない?」「赤色は攻撃的なので、もっと控えな方が」「アメリカ人向けサイズのゲーミング着る毛布が欲しい」などの質問・要望も出ていました。

なお、PCGamerはゲーミングベッド以外の製品として、Bauhutteの「ゲーミングキャンプ」を推しています。ゲーミングキャンプが実際どんなものなのかは、以下の記事を読むとわかります。

ゲーマーの夢を叶える「寝ながらゲーミング」「ゲーマー秘密基地」などゲーミング家具ブランド「Bauhutte」ブースに行ってきた - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ゲーマーの夢を叶える「寝ながらゲーミング」「ゲーマー秘密基地」などゲーミング家具ブランド「Bauhutte」ブースに行ってきた - GIGAZINE

PUMAが探索・攻撃・巡航/防衛の3つのモードを搭載したゲーミングソックス「Active Gaming Footwear」を発売 - GIGAZINE

あの「アタリ」ブランドの「ゲーミングホテル」が爆誕、ゲームセンターやeスポーツ用スタジオも施設内に - GIGAZINE

「大量の血と射精」を流した末に完成した世界初の「アダルトゲーム用ゲーミングチェア」が登場、「快楽アタッチメント」も開発中か - GIGAZINE

再三の延期を乗り越えVRゲーム連動のゲーミングチェア「Roto VR Chair」が発売に向けてついに生産を開始、発売時期も決定 - GIGAZINE

SFコックピット風のゲームチェアの最高峰「Predator Thronos Air」が登場、価格は150万円 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.