×
取材

ゲーマーの夢を叶える「寝ながらゲーミング」「ゲーマー秘密基地」などゲーミング家具ブランド「Bauhutte」ブースに行ってきた


ゲーミング家具を取り扱うオフィスチェアブランド「Bauhutte」が東京ゲームショウ2018にて、「寝ながらゲーミングが行えるデスク」や「ゲーム専用の秘密基地」といったゲーマーの夢を叶えてくれるかのようなアイテムを多数集めた「デスク秘密基地計画」という企画を行っています。一歩先を行くゲーミング環境を構築するのにピッタリなアイテムの数々を、実際に見て体感してきました。

【TGS2018】Bauhutte × ROG コラボ出展特設ページ | Bauhutte
http://www.bauhutte.jp/tgs/

幕張メッセの9ホール中央あたりに「デスク秘密基地化計画」の文字が。


「一体どんな計画なんだ?」と近寄ってみます。


すると、「秘密基地化計画」の文字にふさわしいまさしく秘密基地っぽい何かを発見。チラリと中をのぞいてみると、PCやデスクが置かれており、この秘密基地の中でゲームがプレイできるようになっています。「ゲームをプレイしている様子を見られたくない」という人にはピッタリ(?)なアイテムかも。


中のデスク周りにはASUSのゲーミングマウス「ROG Pugio」や、ゲーミングキーボードの「ROG Claymore」など。まさにゲーマーにとっては夢のような空間です。


「秘密基地なんだからさぞや狭いんだろうな」と思いきや、足がまっすぐ伸ばせました。背の高い人でもくつろいで過ごせる広さはあります。


秘密基地の横にはSNS映えしそうな「デバイスウォール」が。こちらは東京ゲームショウ2018で初公開とのこと。


ブース正面にはぐうたらゲーマー垂涎の「寝ながらゲームシステム」が。


実際に寝てもらうとこんな感じで、120度くらいまでリクライニングした状態でも見やすくなるように、モニターは斜め下向きに固定されています。だらだらゲームの大会を観戦したり、アニメを見たりするのに最適。


チェアには「ゲーミングシート BC-950RR」がついていました。手洗いが可能なので、下着のままチェアに座って汗をかいたりして汚しても安心です。


こちらはデスク自体に肘置きがくっついた「システムゲーミングデスク」。公開前なので製品番号もまだとのこと。


そしてなんと日本初公開のゲーミングヘッドホン「ROG Delta」が。実際に試着することも可能です。


ASUS特製ゲーミングPCを下から支えるのは、こちらも初公開の「PCディスプレイワゴン」。


また、ブース内にはレースゲーマー向けの「レーサーズコクピット」や……


サイクリングゲーミング」などの変わり種ゲーミング家具が展示されています。

・関連記事
東京ゲームショウ2018開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

見た目は完全にゲーム機なゲームパッド付きゲーミングPC「SMACH Z」フォトレビュー - GIGAZINE

立体機動装置っぽいスタイリッシュ過ぎる見た目で持ち運ぶ人間工学に基づいた究極の折りたたみイス「LEX」 - GIGAZINE

第2世代Ryzenは電力効率が極めて高くサーバー用途で4コアのXeonよりも「使える」との報告 - GIGAZINE

60年以上愛される不朽の名家具「イームズ ラウンジチェア&オットマン」はどのようにして作られているのか? - GIGAZINE

「Ryzen 5 2400G」ではメモリ性能がゲーミング性能にどれくらい影響を与えるのかを検証 - GIGAZINE

in 取材,   ハードウェア, Posted by log1k_iy