ハードウェア

「大量の血と射精」を流した末に完成した世界初の「アダルトゲーム用ゲーミングチェア」が登場、「快楽アタッチメント」も開発中か


eスポーツの知名度が上がり、PCやゲーム機、キーボードやマウスといった周辺機器だけでなく、ゲーミングチェアや机など、ゲームをプレイする環境も近年注目されています。そんな中、成人向けのアダルトゲームなどをデジタル配信する海外ポータルサイトのNutakuが、アダルトゲームをプレイすることを考慮して作られたゲーミングチェア「Nutaku Gaming Chair」を発表しました。

Nutaku Gaming Chair – Nutaku Store
https://store.nutaku.net/products/nutaku-gaming-chair


Nutaku has just announced their own adult Gaming chair - TGG
http://thegg.net/lewd-games/the-adult-gaming-platform-nutaku-has-just-announced-their-own-adult-gaming-chair/

Nutakuが発表した「Nutaku Gaming Chair」がこれ。ピンクと黒というNutakuカラーを反映させています。重さは24kgだとのこと。


横から見たところ。背もたれは完全リクライニング式で、首枕が付属しています。開発したNutakuは、「調整可能な背もたれと快適な首枕の組み合わせは、ゲームと自慰行為の両方に最適な姿勢を提供するように設計されています」「『自慰行為は座ったまま行うべきではない』という指摘がある通り、完全リクライニング式のゲーミングチェアはアダルトゲームの継続性と満足度を高めます」と述べています。


腰部に置かれたクッションには、Nutakuのロゴが光っています。


尻を包み込むようなシート部分とクッション付きのアームレストはこんな感じ。アームレストには高密度低反発のフォームクッションが使われているとのこと。


Nutakuのコミュニケーションマネージャーであるジュリー・ホール氏は「2019年におけるゲーミングアクセサリーの売上は、2018年と比べて33%の増加を記録しました。人間工学に基づいたNutaku Gaming Chairは、ゲーミングアクセサリーの需要に応えることを目的としています。言うまでもありませんが、Nutaku Labsは現在、男女分け隔てなく使える快楽アタッチメントを完成させ、プレイヤーの自己満足の向上を目指しています。ゲーミングチェアのリリースには大量の血と汗と涙が流れました。いや、ほとんどが大量の血と射精です」と語っています。ホール氏の語る「快楽アタッチメント」がいったいどんなものなのかは、記事作成時点では不明です。

「Nutaku Gaming Chair」は434.99ドル(約4万7200円)でNutakuの通販ページで注文可能。完全オーダーメイドのため、注文してから届くまで最大50日がかかるとのことですが、配送先はアメリカとカナダのみとなっていて、日本には発送されないので注意が必要です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「違法でなければなんでもOK」になったはずのSteamで結局エロゲーはどうなったのか? - GIGAZINE

海外のオタクの間で繰り広げられる「キャラクターのカップリング論争」が過熱して問題になっている - GIGAZINE

自慰行為をやめると体にどんな変化が起きるのか? - GIGAZINE

女性が自慰行為を学習できる性教育ゲーム「HappyPlayTime」 - GIGAZINE

「key」所属の人気原画家、樋上いたる直筆サイン入りのTシャツに100万円以上の値が付く - GIGAZINE

in ハードウェア,   ゲーム, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.