映画

007最新作、ダニエル・クレイグがボンドを演じる最後の「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」予告編公開


隠居生活を送っていたジェームズ・ボンドがCIAであり旧友のフェリックス・ライターから助けを求められ、誘拐された科学者の救出任務にあたることになる……という「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」の予告編が公開されました。本作は、2006年からボンド役を務めてきたダニエル・クレイグがボンドを演じる最後の作品となるとのことです。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』予告 - YouTube


歴史ある町並みの中を……


アストンマーチン DB5で疾走するジェームズ・ボンド。


何者かに追われています。


「私を信じられないの?」と声を荒らげるのは、前作登場したマドレーヌ・スワン(演:レア・セドゥ)


「誰にでも秘密はある。君にだってあるかもしれない」とボンドは返します。


敵に追い詰められたボンドは……


橋からダイブ。


時間は少し遡ります。ボンドはジャマイカで穏やかな隠居生活を送っていました。


しかし「007を呼び戻せ」と指令が下り……


「力を貸してくれ」「お前だけは裏切らない」と旧友フェリックス・ライター(演:ジェフリー・ライト)から依頼を受けることに。


再びボンドカーをガレージから出すことになったボンド。


「世界は変わったの、ボンド中佐」と語るのはミス・マネーペニー(演:ナオミ・ハリス)


「君はOOなのか?」


「2年前から」


「出しゃばらないで」


「邪魔をしたら、ただじゃおかない」……と、ボンドとは気が合わないようです。


「生きてたのか」とうんざりした表情を浮かべるのは、MI6の研究開発を行うQ(演:ベン・ウィショー)


「奴はこの国に必要な存在だ」


「君が自制心をなくすようなら……」


「失わない」


「ジェームズ、君は彼女に全てをささげた」


「彼女の秘密を知った時」


「君に死が訪れる」……と不吉な笑みを浮かべる宿敵エルンスト・ブロフェルド(演:クリストフ・ヴァルツ)


「あなたがわからないなんて」


森の中……


銃を抱える何者か。


「ジェームズ・ボンド」「君の暴力に満ちた過去は、まるで自分を見ているようだ」と語られます。


能面をつけた人物。


「君の手柄は一時(いっとき)


氷の下に閉じ込められたボンドを……


狙う人物。


「お前は神のつもりか?」


その先にいるのは……


危険な最新技術を操る正体不明の敵、サフィン(演:ラミ・マレック)


今作も、アクションに次ぐアクション


車の外から銃で狙い撃ちにされるボンドですが……


ヘッドライトからにゅっと登場するガトリングガン。ボンドの華麗な戦いっぷり&切り抜けっぷりは予告ムービーでがっつり見ることができます。


「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」は2020年4月10日(金)に日本公開予定となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「007」シリーズ最新作タイトルは「NO TIME TO DIE」、引退したジェームズ・ボンドが悪の組織に立ち向かう - GIGAZINE

NINTENDO64の伝説的名作「ゴールデンアイ 007」幻のリマスター版について新たにムービーや画像がリークされる - GIGAZINE

ジェームズ・ボンドは深刻なアルコール問題を抱えているという研究者からの指摘、MI6の職場改善が求められる - GIGAZINE

明日の職のために戦う007「ホームレス・ジェームズ・ボンド」 - GIGAZINE

ジェームズ・ボンドに映画の中で新製品を使わせるためにソニーとSamsungが数億円単位の謝礼を用意 - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.