試食

最高級A5ランクの仙台牛パティのフレッシュネス「仙台牛バーガー」は濃厚&フワフワパティとピリ辛な山わさび使用ソースが絶妙


フレッシュネスバーガーが宮城県の誇るブランド牛肉・仙台牛の中でも最高級A5ランクをパティに使った「仙台牛バーガー」「仙台牛チーズバーガー」の提供を2019年12月4日(水)より期間限定で開始しました。最高級牛肉のパティはいかなる味わいなのか、実際に食べてきました。

全国で唯一、最高の肉質等級だけに許される称号「仙台牛」。仙台牛バーガー・仙台牛チーズバーガー発売!|ブランドニュース | FRESHNESS BURGER フレッシュネスバーガー
http://www.freshnessburger.co.jp/brandnews/473/

フレッシュネスバーガーに到着。


注文カウンターでは、通常のメニュー表の横で目当ての仙台牛バーガーが大きくアピールされていました。


フレッシュネスバーガーは注文後にパティが焼かれるため、10分弱ほど待って「仙台牛バーガー」「仙台牛チーズバーガー」の2品が運ばれてきました。


これが「仙台牛バーガー」(税込880円)。


交通系ICカードと大きさを比較してみるとこんな感じ。通常のバーガーと同じか一回り大きいくらい。


具材は上からレタス・輪切り玉ねぎ・パティ。パティにかかっているのは、北海道産「山わさび」ホースラディッシュソース。やや緑がかった乳白色です。


その下には、A5ランクの仙台牛を使用したビーフパティ。表面はカリカリに焼き上がっており、その下はフワッと成形されています。


ムンズと掴んで実食。


食べてみると、ホースラディッシュソースの「ツーン」と来る感じは抑えめのピリッとした辛さが口の中に広がります。パティはハンバーグのようなフワフワとした食感で、シャキシャキのレタス・玉ねぎとはコントラストを成しています。パティは噛むごとに口の中に肉本来の旨みがじわーっと広がる一方で、脂のコクと旨みが口の中に長く残る印象。そんな脂の味わいは、さっぱりしたホースラディッシュソースや輪切りのタマネギの甘みとうまく調和し合っていました。


続いて「仙台牛チーズバーガー」(税込980円)。


仙台牛チーズバーガーは、通常の仙台牛バーガーにレッドチェダーチーズをトッピングしたメニューです。


食べてみると、とろっとした食感のレッドチェダーチーズがパティのコクと旨みを一段階上に押し上げているよう。むしろ時折レッドチェダーチーズの味わいがパティより強いと感じられるので、「仙台牛パティ」の味わいを堪能したい場合は通常の仙台牛バーガーがオススメかも。


「仙台牛バーガー」「仙台牛チーズバーガー」は2019年12月4日(水)から、ジャングルカフェ店・東山動植物園ZOOASIS店・横浜スタジアム店・京セラドーム大阪店・福岡ヤフオクドーム店・神宮球場店・楽天生命パーク宮城店を除く全国のフレッシュネスバーガーで食べられます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
パティ4枚重ねで「いっぱいお肉を食べよう」を実現した1ポンドバーガーをクラウンハウスで食べてきた - GIGAZINE

鹿肉のパティをスパイスのきいたラグーソースが引き立てる「ジビエ 鹿肉バーガー(ラグーソース)」をロッテリアで食べてきた - GIGAZINE

「うまみ」にこだわるLA発のハンバーガーショップ「UMAMI BURGER」でトロトロに煮込んだ豚をはさんだ「プルドポークバーガー」を味わってきた - GIGAZINE

サクシャキトロッの食感で濃厚な味わいが口いっぱいに広がるコメダ珈琲店の「グラクロ」を食べてきた - GIGAZINE

あったかモチモチで身も心も温まる「温タピオカ ~黒糖ラテ~」や炭火焼きローストビーフがぎっしりのミラノサンドなどドトールの新作メニューを食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.