映画

MCUフェイズ4劇場作品第1弾「ブラック・ウィドウ」予告編が公開、ブラック・ウィドウの知られざる過去と秘密が解き明かされる


世界中で人気を集めるマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)フェイズ4の劇場作品第1弾となる「ブラック・ウィドウ」の特報映像が公開されました。スカーレット・ヨハンソンが演じる元ロシアのスパイであるブラック・ウィドウの知られざる過去とシビル・ウォー/キャプテン・アメリカの後の姿が描かれています。

「ブラック・ウィドウ」特報 世界同時解禁 - YouTube


物語の舞台はロシア。


「何もなかった私が」とブラック・ウィドウは鏡を見つめながら独白します。


バレリーナの少女たちを見つめるブラック・ウィドウ


「やがて使命を見つけた」


「家族も」


ブラック・ウィドウが両手拳銃で射撃しながらロープで降下するアクションシーン。


「でも永遠のものはない」


場面が変わって、移動中のブラック・ウィドウ。「急いでるのか」という声に対して……


「最近ちょっと大変なの」と返します。


「色々あったけど、もう過去から逃げない」


ブラック・ウィドウは銃を構えながら、部屋を1つ1つ見て回ります。


「来ると思っていた」という声。


なおも警戒を続けながらブラック・ウィドウは「待たせたわね」と返答。


「大人同士話せる?」


現れたのは、エレーナ(演:フローレンス・ピュー)


「私たちが?」


鏡合わせのようなシンクロした動きで戦う2人。


エレーナがブラック・ウィドウを背負い投げでぶん投げるシーンも。


激しい格闘の後、「妹に会えて嬉しいわ」とブラック・ウィドウ。


そんなブラック・ウィドウに「なぜ帰ってきたの?」とエレーナが尋ねます。


「やり残したことが」


戦場にたたずむブラック・ウィドウ


「全てが始まった場所に」


ヘリからライフルを構えている兵士たちの真ん中に飛び降りるシーン。


装甲車から弓で狙いを定めるヴィラン・タスクマスターも登場。原作コミックシリーズでは「目視した人間の動作を完璧にコピーする能力」を持つ敵です。


極厚の鉄製扉を蹴破って出てきたのは……


ロシア版キャプテン・アメリカといえる存在のレッド・ガーディアン(演:デヴィッド・ハーバー)


スーツはこんな感じ。


「まだ着れるぞ」とスーツを着られたことに喜ぶレッド・ガーディアンに……


「太ったわね」と一言。


太ってしまったレッド・ガーディアンが活躍するアクションシーンも描かれています。


崩壊する建物からスカイダイビングで脱出するブラック・ウィドウ


落下しながらも追撃する敵兵


「ブラック・ウィドウ」の日本公開予定日は2020年5月1日(金)となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ついにマーベル・シネマティック・ユニバースのフェーズ4が始動、2020年から公開予定の10作品まとめ - GIGAZINE

「アベンジャーズ/エンドゲーム」が「アバター」の打ち立てた興行収入世界記録を更新 - GIGAZINE

スパイダーマンがマーベル・シネマティック・ユニバースを離脱か、ソニーとディズニーの交渉が決裂 - GIGAZINE

アベンジャーズのヒーローを操作して複数人でチームを組んで世界を救う「Marvel’s Avengers」の最新映像が公開 - GIGAZINE

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のネタバレがっつりな「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」最新予告編公開、舞台はマルチバースへ - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.