ムービー

「007 スペクター」日本語字幕付予告編第1弾公開、ボンドが隠している秘密と悪の組織スペクター


007シリーズ最新作となる「007 スペクター」の日本語字幕が付いた予告編が公開されました。第1弾の予告編では、シリーズでおなじみのカーチェイスや最新スパイガジェットなどが登場しないものの、ジェームズ・ボンドが隠している秘密、そしてボンドを付け狙う悪の組織スペクターの存在が明らかになっています。

映画『007 スペクター』特報 2015年12月4日公開 - YouTube


前作「007 スカイフォール」で爆破されたMI6本部。


ボンドはスカイフォールで焼け残った、あるモノを受け取ります。


「あなたには誰にも話せない秘密がある」


「誰も信用していないのね」


ボンドが持っているのは、一時保護命令の書類と1枚の写真。


写真に写っているのは幼少期のボンドでしょうか?


ボンドが向かう先は……


雪山に建てられた1軒の小屋。


この小屋にボンドが隠している秘密の謎があるのか?


教会に集まった大勢の人たち。


最新ボンドカーのアストンマーティンDB10がさっそうと駆け抜けます。


集会らしきものを開いている組織。「忘れられていないとは光栄だ」との言葉から、この組織がスペクターと予想されます。なお、スペクターは過去の007シリーズにも登場した悪の組織です。


「あれはMI6ではない」


ボンドがチェスボードの上に置いたのは……


スペクターに所属する人間が必ずはめている、「ブラックオクトパス」の紋章が刻まれた指輪。


「ボンド、君はハリケーンの中で踊っているタコのようなものだ」


真剣なまなざしのボンド。


「ジェームズよく来た」


「やっと会えた」と話す人物の正体は一体……。


ボンドが隠している秘密、そして悪の組織スペクターが本編でどのように関係していくのか、かなり気になります。なお、「007 スペクター」は2015年12月4日から日本で公開予定です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
007シリーズの最新作「007 スペクター」日本語字幕付特別映像が公開、ボンドの少年時代の秘密がストーリーのカギ - GIGAZINE

明日の職のために戦う007「ホームレス・ジェームズ・ボンド」 - GIGAZINE

14年ぶりの新作「ジュラシック・ワールド」予告編公開、新種を含めた恐竜がついに復活 - GIGAZINE

ついに「スター・ウォーズ エピソード7」の予告編公開、ミレニアム・ファルコン復活 - GIGAZINE

ディズニーの「トゥモローランド」最新予告編が公開、謎に包まれまくっていた世界観が一気に明らかに - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.