試食

巨大な餃子っぽいもちもち皮に餃子あんを包んだファミリーマートの「餃子まん」試食レビュー


まるで餃子を巨大化したような肉まん「餃子まん」が、2019年10月29日(火)からファミリーマートに登場しています。中華の定番である「餃子」と「肉まん」を合わせた餃子まんが果たしてどんな味なのか、実際に食べて確かめてみました。

餃子まん |商品情報|ファミリーマート
https://www.family.co.jp/goods/chukaman/0247108.html

というわけで、さっそくファミリーマートで「餃子まん」を買ってきました。包み紙には餃子っぽさを感じられませんが……


餃子まんを取り出すと餃子っぽい半月型になっており、焼き目もしっかりついています。


交通系ICカードと比較するとこのくらいの大きさ。


市販の冷凍餃子と比べると、餃子5~6個分くらいの大きさに見えます。


半分に割ると、ニラのような強い香りが漂ってきました。


具材には豚肉、キャベツ、ニラなどの野菜が使われています。


食べてみると、ラー油のような辛さと肉のうま味が口の中に広がり、後口にほんのりキャベツの甘みが感じられます。厚い皮に肉汁が染みこんで、食べ応えのある仕上がりになっていました。


焼き餃子は焼き目の部分がパリッとしていますが、餃子まんの焼き目部分はもちもちしており、パリパリ感がなかったのは少し寂しいところ。実際の焼き餃子はラー油や酢じょうゆを混ぜたタレをつけて食べますが、餃子まんはあんにラー油と酢じょうゆのタレが合わさったような味になっていました。


「餃子まん」は2019年10月29日(火)から一部店舗を除く全国のファミリーマートで、税抜167円で購入できます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
食欲をかきたてられる中国本場の中華料理はこのような感じでした - GIGAZINE

カリカリの焼きそばの中からトロリとしたあんが出てくる「梅蘭焼きそば」を横浜中華街の発祥の地で食べてきた - GIGAZINE

「餃子の王将」らしさがみじんもない新店舗「GYOZA OHSHO 烏丸御池店」に行ってきた - GIGAZINE

野生の鹿肉を肉まん・ソーセージ・キーマカレーなどで堪能できる京丹波自然工房の「京都もみじセット」試食レビュー - GIGAZINE

たったの3秒で餃子ができる調理法「3秒クッキング 爆速餃子」をドコモが公開 - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.