モバイル

Huaweiの独自OS搭載スマホが2019年内に登場予定と報じられる

by Open Grid Scheduler / Grid Engine

中国の通信機器メーカーであるHuaweiは、アメリカ政府から「スパイ行為をしている疑いがある」として安全保障上のリスクがあるとみなされています。2019年にはトランプ大統領が「情報通信上のリスクがある製品」の取引を禁止する大統領令に署名し、Huawei排除に向けた動きが進行中です。そんな中、Huaweiが新たに「HongMeng(鴻蒙) OS」と呼ばれる自社製OSを搭載したスマートフォンを、2019年内にリリース予定であることがわかりました。

Huawei smartphone with HongMeng OS goes on sale in Q4, priced at 2,000 yuan: sources - Global Times
http://www.globaltimes.cn/content/1160250.shtml

Huawei tests smartphone with own operating system, possibly for sale this year: Chinese state media - Reuters
https://www.reuters.com/article/us-china-huawei-tech-hongmeng/huawei-tests-smartphone-with-own-operating-system-possibly-for-sale-this-year-chinese-state-media-idUSKCN1UV042

アメリカによるHuawei排除の動きはスマートフォン事業に対して大きな影響を及ぼしており、GoogleがHuawei製スマートフォンに対するAndroidのサポートを停止するといった事態に発展しています。2019年7月にはチップメーカー各社のロビー活動などの成果か、「安全保障に影響しないローテク製品に限り輸出を認める」「半導体は年10億ドル(約1080億円)未満の小規模であればHuaweiに販売可能」という規制緩和が発表されましたが、それでも今後の先行きは不透明です。

Huawei制裁緩和にはチップメーカー各社のロビー活動が大きく影響している - GIGAZINE


そこで、Huaweiは自社開発のHongMeng OSを搭載したスマートフォンのテストを実施していると、中国の英字紙Global Timesが報じました。HongMeng OSはもともとIoTおよび産業利用を目的としたOSでしたが、Googleとの取引が継続できない可能性を考慮して、スマートフォンにもOSの用途を拡張するテストを行っている模様。

Huaweiは2019年8月9日に広東省で開催されるHuawei開発者会議において、初めてHongMeng OSを公開する予定です。HongMeng OSが搭載される最初の製品はHonorスマートTVシリーズであり、2019年8月10日に市場へ投入されるとのこと。今後もHongMeng OSは自動運転カー、遠隔医療サービス、産業機械の制御などの分野に拡大していくとされています。

スマートフォンにHongMeng OSを搭載するにあたって、Huaweiが重視しているのはAndroidアプリケーションとの互換性だとGlobal Timesは指摘。このシステムには個人情報を保護してユーザープライバシーの侵害を防ぐ暗号化機能も搭載されているそうです。

by tianya1223

Huaweiは2019年末までに、HongMeng OS搭載スマートフォンを中低価格帯をターゲットにした市場に投入することを計画しています。価格は約2000元(約3万円)ほどとなる見込みで、Huawei製スマートフォンのフラッグシップ機であるMate 30シリーズと同時に登場する予定。在庫数も数百万台は用意されるとのこと。今回、HongMeng OSを搭載したスマートフォンのターゲットが中低価格帯であるのは、ユーザーに経済的負担をかけることなくHongMeng OSの市場を成長させたいからだろうと、Global Timesは主張しています。

将来的にHongMeng OSは多くのプラットフォーム上で動作するOSとして拡張され、IoTをより容易にする計画をHuaweiは持っています。そのため、HongMeng OSはLinuxカーネルがもとになっているAndroidとは違い、どちらかというとGoogleが開発中の実験的OS、Fuchsiaに似ているとGlobal Timesは報じました。

HongMeng OS搭載スマートフォンのテストを進める一方、HuaweiのLiang Hua会長は2019年上半期の収益発表の場で「HuaweiはGoogleのAndroid OSをスマートフォンに搭載することを望んでいる」と発言し、あくまでもHuawei製スマートフォンのOSに適しているのはAndroidだと主張。HongMeng OSは「長期的戦略」の一部であるとHua会長は述べています。

by jeanvdmeulen

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Huawei創業者が「Androidサポート終了」や「チップメーカーとの取引停止」など、アメリカ政府によるHuawei排除の動きについて語る - GIGAZINE

Huaweiが北朝鮮でスパイ活動にも使われる無線通信網に貢献した疑い - GIGAZINE

GoogleがHuaweiのAndroidサポートを停止、今後のHuaweiスマホはGoogle PlayなどのGoogleサービスが一切利用できなくなる模様 - GIGAZINE

IntelやQualcommもHuaweiとの取引を停止、Huawei製品のAndroidサポートは8月まで延長 - GIGAZINE

MicrosoftがHuawei製品を「なかったこと」に、公式発表は一切なし - GIGAZINE

Huawei制裁緩和にはチップメーカー各社のロビー活動が大きく影響している - GIGAZINE

今後のHuawei製品はmicroSDカードやSDカードが使用不可能になる可能性 - GIGAZINE

Huaweiが「知的財産権の政治利用はイノベーションを破壊する」と白書で警告 - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.