動画

SF文学の最高峰に選ばれたダークな社会派アメコミのドラマ版「ウォッチメン」最新予告編公開


優れたSF作品に贈られるヒューゴー賞を1988年に受賞した、1980年代が舞台のスーパーヒーロードラマ「ウォッチメン」はアメコミの最高傑作とも呼ばれる作品。2019年秋から公開予定のドラマシリーズ「ウォッチメン」は原作と異なり現代を舞台とした作品となっており、謎が謎を呼ぶ不穏な空気が話題ですが、最新予告編でそのストーリーが徐々に明らかになっています。

Watchmen | Official Comic-Con Trailer | HBO - YouTube


鳴り響く銃声。


スーパーマーケットに訪れた強盗に、人々は床へ伏せていきます。


……が、そのとき、窓を突き破って赤いマントの人物が登場。


スーパーマーケットの店主は震えながらに「あなたは誰……?」と問いかけます。


「私が誰かだって?」


「その答えを知っていたら、私はマスクなどかぶっていないだろう」


テレビ越しにその映像を見ている人物もまた、マスクをかぶっていました。


「この世界は公平性と善でできていると、あなたのお友だちは信じているでしょう」と語りかける女性の声が響きます。


「エイドリアン・ヴェイトが死んだ」という新聞の見出し。原作で覆面を被ったヒーローとして活躍したオジマンディアスが死んだ後の世界観のようです。


「でもそれは、カラフルに塗られた子ども向けの絵本世界観」


「実際には、本当の世界の背後には、別の『色』が存在する」と言い聞かせるのはアンジェラという女性。


「その色が……」


「白と黒」


画面の中で並ぶ覆面の人物たちは「あなたたちはすぐに私たちを救うだろう」と語りかけます。


その映像を見ている警察官も覆面。


「そして私たちは『タック』とささやくだろう」と謎の発言です。


「我々は彼らを駆逐したと思っていた。だが彼らは冬眠していただけなのだ」


「彼らは全ての警察の元にやってくる」……と語るのは、冒頭の新聞で「死んだ」という見出しが出ていたはずの、元ウォッチメン「オジマンディアス


銃を抱えた集団。


向かう先は……?


チック、タック、と不吉に時計が刻まれます。


覆面の集団に襲われ、警官が殺された様子。


覆面の警察官によって葬儀が行われます。


覆面といえば犯罪者のトレードマークですが、いまや警察までもが覆面になった時代。誰が警察で誰が犯罪者なのかがわからない状態です。


「覆面の人物は危険だよ。彼らは何かを隠しているから」


シェルターのような場所から出てくるマスクの人々。


倉庫では……


何人もの人物が捉えられています。


「FBIのローリー・ブレイクです」と手を差し伸べる女性。


「覆面の警察と自警団と見分けることができる?」と問われて首を振るアンジェラ。


それに対して「私もよ」とブレイク。


「この世には無数の陰謀が隠されている」と語る男性。


「それを知ったらあなたの頭は吹っ飛んでしまうだろうね」


メタリックなマスクをかぶった人々に……


ドクロのマーク


原子力


無数の死体で埋め尽くされるサーカス


「あなたは誰」と問われた男性は「Dr.マンハッタンだ」と答えます。トレーラー暮らしを行う男性は、1980年代を舞台にした原作において、実験室のアクシデントによって超人的な力を手に入れたDr.マンハッタンとのことですが……


「Dr.マンハッタンは火星に住んでいるはず」と女性は返します。


それには応えず「あなたは呪いすぎている」とDr.マンハッタン。


ニュースではDr.マンハッタンが火星に到着した映像が流され……


何者かが森林を爆破。


暴動


描かれる謎の絵画。


宇宙船内部。


墜落する航空機。


仕掛けられた爆破。


「何も終わらない」


「ただ始まるだけだ」という言葉でムービーは締めくくられました。


なお、2009年に公開された映画版「ウォッチメン」のあらすじや評価は以下から読むことが可能。

超映画批評『ウォッチメン』98点(100点満点中)
https://movie.maeda-y.com/movie/01262.htm

やや難解だが、おそるべき大傑作

『ウォッチメン』と『ダークナイト』は、まるでライバルのような関係だ。原作のグラフィックノベルは同時代に発行され、実写映画もまたしかり。そしてその出来栄えも両者まったく譲らず、である。

いわゆるアメコミ(アメリカンコミックス)の中には、上記二つのように完全に大人向けの、ほとんど文学と呼ぶべきものがある。よく、単純明快な勧善懲悪アクションもの、ノーテンキなエンタテイメントをアメコミ映画に求める人が(とくにアメコミに詳しくない日本人には)いるが、これは完全に誤りである。

それでも『ダークナイト』ならば、優れたアクションシークエンスが多々あるため、それなりに満足できるだろう。だが、より難解で地味な『ウォッチメン』では厳しいはずだ。

だから最初にはっきり書いておくが、ある程度の政治・歴史的教養のない人や子供たちに、これらの「グラフィックノベル映画」、とくに『ウォッチメン』はまったく向かない。163分間の長い上映時間内は、脳みそをフル回転させ、これが比ゆする現実世界に思いをはせていただきたい。

1985年、ニューヨークで一人の男が死んだ。その正体を知る元仲間のロールシャッハ(ジャッキー・アール・ヘイリー)は、単独で調査を開始する。男の正体は長くヒーローとして活躍してきたコメディアンことエドワード・ブレイク(ジェフリー・ディーン・モーガン)。ロールシャッハは、ヒーローチームのメンバーが、次々と変死をとげている事実を重大な脅威と感じていたのだ。

あらすじを紹介したものの、それよりも世界観の解説を行ったほうがいいだろう。

結論からいうと、『ウォッチメン』とは「現実世界にヒーローをぶちこんだらどうなるか」を描いた物語である。


Amazonでは以下から購入することが可能です。

Amazon | 【Amazon.co.jp限定】ウォッチメン スチールブック仕様ブルーレイ(数量限定) [Blu-ray] | 映画

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
1.5cmの史上最小ヒーロー「アントマン」のペイトン・リード監督インタビュー - GIGAZINE

「スパイダーマン:ホームカミング」はただのスーパーヒーロー映画ではなく青春・学園モノを徹底リサーチした青春スーパーヒーロー映画だった、ジョン・ワッツ監督インタビュー - GIGAZINE

M・ナイト・シャマラン監督がヒーローと悪役の戦いを描いた異色作「Glass」予告編第2弾が公開中 - GIGAZINE

SF映画の印象的なワンシーンをつなぎ合わせたムービー - GIGAZINE

実験中の事故で沼から異形の怪物としてよみがえるヒーローを描いたドラマ「SWAMP THING」最新予告編が公開中 - GIGAZINE

アメコミの最高傑作とも称される「ウォッチメン」ドラマ版の予告編が公開、大量のロールシャッハがチクタクと時を刻む謎のムービー - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.