ハードウェア

YES/NO枕をテクノロジーで進化させたかのような「LoveSync」

by Chevanon Photography

テレビ番組「新婚さんいらっしゃい!」の出演者に渡されるという、カップル双方のセックスへの意思を確かめるツール「YES/NO枕」をテクノロジーの力で進化させたような「LoveSync」が登場しました。LoveSyncは双方が「セックスしたい」という気持ちの時にだけ教えてくれるという仕様で、「拒絶されたら嫌だな」というカップルの不安を解消してくれるアイテムとなっています。

LoveSync | Kickstart Your Love life by LoveSync — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/lovesync/lovesync-kickstart-your-love-life/description

LoveSyncがどういうアイテムなのかは、以下のムービーを見ると一発でわかります。

Funded Today Presents LoveSync - YouTube


カップルが「セックスしよう」という同意に至るには、両者が同じタイミングで「セックスしたい」という気持ちになっていることが必要です。


誘ってみても「今汗だくだから」とクールに断られたり……


セクシーな服を着ても……


相手がスルーして気まずい思いをすることも。


そして気まずい思いが重なっていくうちに、お互いに誘うこともやめてしまいがち。


そんな問題を解決するのが、カップルの双方が「セックスしたい」モードになっていることを教えてくれるデバイス、LoveSyncです。


LoveSyncは「ボタンを押すだけ」という使い方の、非常にシンプルなデバイス。


カップルの片方だけがボタンを押しても何もおこりません。


しかし、一方がボタンを押し……


さらに指定時間内にもう一方もボタンを押すと、LoveSyncのシステムが同意を検知し……


ボタンのLEDライトが緑色に光ることで、パートナーが同じ気持ちであることを教えてくれます。


セクシーなムードに突入した2人。


バリッと衣服を脱いで目的を果たせます。


調査の結果、世界中のカップルの50%以上が「パートナーに拒絶されないとわかっていれば、もっと誘う」と答えていると判明したとのこと。LoveSyncはカップルの性的なフラストレーションを軽減するアイテムなわけです。


LoveSyncは以下のような感じ。筺体は鋼鉄製で、下部にウレタンゲルのパッドが敷かれているので、しっかりと固定できます。


ボタンをプッシュする回数で、パートナーとの「同意」が検知される期間を変更可能。1タップなら15分、2タップなら1時間、3タップなら2.5時間、4タップで8時間、5タップで最大24時間まで指定できます。


LoveSyncは2018年12月にベータ版のプロトタイプが完成しており、記事作成時点でクラウドファンディングプラットフォームのKickstarterで出資を募っているところ。目標額が約83万円のところ、締切まで29日を残した時点で既に約33万円を集めています。44ドル(約4900円)の出資で販売価格の40%オフでLoveSyncを1つゲット可能ですが、出資枠に限りがある点に注意。発送は2019年8月が予定されています。


なお、LoveSyncの締切は2019年3月13日(水)の22時55分です。

LoveSync | Kickstart Your Love life by LoveSync — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/lovesync/lovesync-kickstart-your-love-life/description

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

より豊かなセックスライフを送るために知っておくべき「調和的な性的情熱」と「攻撃的な性的情熱」の違い - GIGAZINE

セックスの最中に人の体はどう変化するのかをわかりやすく説明したムービー - GIGAZINE

人類のセックスを進化させてきた歴史的な6つの発明とは - GIGAZINE

よいセックスをするためには良質な睡眠を取る必要がある - GIGAZINE

科学の力で性欲を高め、より良いセックスライフを実現することはできるのか? - GIGAZINE

足・体液・無生物などに性的に興奮することはノーマルなのか? - GIGAZINE

in ハードウェア,   映画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.