メモ

「パリの凱旋門が燃えているのはフェイク」というツイートがフェイクだった


AFP通信がフェイクニュース撲滅のために世界中で報道されているニュースのファクトチェックを行うために運営しているのがAFP Fact Checkです。このAFP Fact Checkが、フランスで起きている抗議デモに関するツイートのファクトチェックを通し、インターネット上で拡散される情報の真偽を自分自身で見極めることの大切さを説いています。

AFPFactCheck さんのツイート: "These two juxtaposed photos were retweeted over 35,000 times with the caption “perspective matters”. Perspective matters, and so do dates and places… because these two photos were taken on two different days in two different places, in Paris 1/8… https://t.co/ttWlSs05b4"
https://twitter.com/AFPFactCheck/status/1072576055783944193

フランスでは燃料税の引き上げに抗議する「黄色いベスト運動」が行われており、暴徒化したデモ隊が警察と衝突し、パリ中心部で過激な活動が連日にわたり行われています。デモ隊による過激な行動は、SNSなどで拡散されるフェイクニュースにより扇動されたものだという指摘もありました。

フランスで暴徒化するデモ隊の姿は「情報戦争での敗北」だとの指摘 - GIGAZINE


このフランス抗議デモの中で話題となったツイートのひとつが以下のもの。「遠近法は重要だ…」と書かれたツイートでは、パリの凱旋門が燃えているかのように撮影された写真と、道ばたで燃える火を撮影するカメラマンたちの姿を写した写真が投稿されています。これは「パリの象徴である凱旋門が燃えているかのような写真をカメラマンたちが撮影している」と指摘するツイートで、3万7000件以上リツイートされることとなりました。


しかし、AFP Fact Checkによると、このツイートに添付されている2枚の写真は撮影日時および撮影場所がそれぞれ異なるそうです。


メディア報道への批判は合法な行為ですが、@DoveyWanというアカウントのツイートは「最良の例とは言えない」とAFP Fact Checkは厳しく批判しています。


どのようにAFP Fact Checkがファクトチェックを行ったのかというと、以下の通り。


まず最初に@DoveyWanが投稿した1枚目の写真の出所および、なぜ「パリの凱旋門が燃えているのはフェイク」というツイートが行われたのか、その情報源を調査したというAFP Fact Check。その結果、スペイン語のLibertad Digitalというサイト上で、「パリでの抗議デモを写真家が炎に包まれた地獄に変える方法」という記事を発見。記事作成時点でこの記事は削除されているようですが、ウェブアーカイブ経由でどのような記事だったかおよび、問題の発端となった「燃える凱旋門の写真」が掲載されていたことが確認できます。この記事はAFPが撮影したわけではない「凱旋門が燃える写真」を、AFPが「抗議デモにより燃えるパリ」風に撮影したものとして批判していました。

Así convierten una hoguerita en un infierno los fotógrafos que cubren las protestas de París- Libertad Digital


さらにAFP Fact Checkが調査を続けたところ、「凱旋門が燃える写真」は、2018年12月1日に写真家のKaterine Pierre氏により撮影されたものであることが明らかに。以下のページ上にあるスライドショーの35枚目が「凱旋門が燃える写真」です。

GILETS JAUNES ACTE III (Karine Pierre) | hanslucas.com


@DoveyWanが投稿した2枚目の写真は、2018年12月8日にフランスの雑誌LePointのカメラマンが撮影したものであることも明らかに。撮影場所はパリのフリドラン通りです。


Pierre氏が撮影した「凱旋門が燃える写真」は、パリのフォッシュ通りで撮影されたものであり、2枚目の写真が撮影されたフリドラン通りとは凱旋門を挟んで反対側の通りです。ここから、2枚の写真が完全に別の場所で撮影されたものであることが示されています。なお、「凱旋門が燃える写真」がフォッシュ通りで撮影されたものであることは写真に写る3つのポイントから判断できるとのこと。


AFP Fact Checkによるファクトチェックで、「パリの凱旋門が燃えているのはフェイク」というツイートがフェイクニュースであったことが明らかになりましたが、他にも真偽が疑わしい情報やツイートはインターネット上に多数存在します。それらを疑わしいと察知できる目を養うことが、無数の情報が氾濫するインターネットを正しく活用するための方法といえそうです。

・関連記事
フランスで暴徒化するデモ隊の姿は「情報戦争での敗北」だとの指摘 - GIGAZINE

暴徒化したフランスのデモ隊がFENDIやAppleストアなどを襲撃、ブランド品を略奪する様子 - GIGAZINE

FacebookとWhatsAppのフェイクニュースを信じた群衆によって無実の2人がリンチのすえ火あぶりに - GIGAZINE

「フェイクニュース」によって生まれた誤った認識は認知能力が高くなければ正すことが難しい - GIGAZINE

フェイクニュース撲滅のためWikipedia創設者が立ち上げたハイブリッド型ニュースサイト「Wikitribune」 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logu_ii