×
試食

生クリーム専門店「ミルクカフェ」が大阪・梅田にオープンしたので究極の生クリームがたっぷり乗った「生クリーム林檎パイ」を食べてきた


日本初の生クリーム専門店「ミルクカフェ MILK CAFE」が2018年11月8日梅田店をオープンしました。オープンに際して究極の生クリームをサクサクのパイに合わせた「生クリーム林檎パイ」が登場するとのことで、専門店の生クリームはサクサクのパイと一体どのようなコラボを果たしているのか、実際にお店で味わってきました。

日本初! 生クリーム専門店 Milk ミルク
http://milk-craftcream.com/

ミルクカフェ梅田店の場所は阪急三番街南館1F、紀伊國屋書店の隣にあります。


紀伊國屋店の横、ビッグマンの下に水色と白の縞模様が特徴のミルクカフェの看板が出ていました。


ミルクカフェは阪急梅田駅に繋がる大階段の下部、階段をくりぬくような形のお店になっているようです。


入口より手前にスタンドメニューが置かれており……


スタンドメニュー脇に置かれたゴミ箱もミルクカフェ専用カラーリングになっていました。


店外に1列になって並んでくださいとのことで、並んで待ちます。到着したのはオープン日の2018年11月8日木曜日昼11時半頃でしたが、幸いにも列は短めでした。


店内に入っていくと、座席はこんな感じになっていました。ミルクをイメージさせるクリーム色ベースの天井は、牧場を思わせる人工アイビーのアーチに覆われていました。


入口の門のすぐ横には大きな牛の置物が。おなかに「生クリーム専門店 Milk Cafe」の文字が刻印されています。


座席に座るとこんな感じ。一番奥の壁にかけられたネオンライト製の牛が店内を照らしてくれています。


メニューを見てみると、梅田店限定の「生クリーム林檎パイ」(税込880円)を発見。関西では梅田店限定で、関東では原宿店限定のメニューとのこと。


この「具沢山野菜とトマトソースのパスタドリア」も梅田店・原宿店限定のメニューで、GIGAZINEでは過去にレビュー済み。


注文して待つ間はセットドリンクの「牛乳屋さんのミルクティー」(税込400円)を飲んで待ちます。茶葉はダージリンで、たくさん入ったミルクが優しい味。


15分ほどで生クリーム林檎パイが到着しました。これでもかというほど乗せられた生クリームがかなりのインパクト。


生クリームと焼きたてパイの間には林檎の層が見えています。


生クリームの上にはアーモンドプラリネとシナモンパウダーがかけられていました。


食べてみると焼きたてのパイ生地はサクサクで、林檎もシャクシャクとハッキリとした食感が楽しめます。生クリームなので甘すぎるのかと思いきや後味はサッパリで、飲み物なしでもパクパク食べられました。アーモンドプラリネは強めの味わいで、食べ続けると少し単調さを感じてしまいそうな生クリームにアクセントを加えていました。


パイ生地の中央部分には甘く煮た林檎が入っていました。また、パイ生地の中にカスタードソースが隠れており、食べ進めると外側からではわからないさまざまな味わいが楽しめました。


ペロッと完食。生クリーム林檎パイは食後のデザートとしてはちょっと多めで、誰かとシェアして注文すると良いかもしれません。


レジの横の壁には一面に牛乳瓶が並べられていました。


また、店内入口すぐ左手にはテイクアウトコーナーがあったのでそちらでも注文してみることに。


今回は店員さんオススメという生クリームシェイク(600円)をチョイス。券売機でチケットを買い……


店員さんに渡すと数分ほどで生クリームシェイクが到着しました。


生クリームたっぷりのテイクアウトスイーツでエネルギーを補給して梅田ダンジョンを攻略するのもアリです。


なお、ミルクカフェ梅田店の営業時間は11時から22時までとなっています。

・関連記事

生クリーム専門店が作る熱々の鉄板で体が温まるミルクカフェ原宿店限定「パスタドリア」を食べてみました - GIGAZINE

日本初の生クリーム専門店「MILK」で究極の「ミルキークリーム」を味わってきた - GIGAZINE

カボチャがたっぷり濃厚なIvorishの期間限定スイーツ「パンプキン」を食べてきた - GIGAZINE

ほろ苦いコーヒーシロップで大人のデザートに仕上がったコメダ珈琲店「大人ノワール」を食べてきた - GIGAZINE

クッキーで専門店のフレンチトーストを再現したIvorish「フレンチトーストクッキー」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy