ネットサービス

Google Cloud Nextで発表されたGCPの新機能まとめ


現地時間で2018年7月24日から、Googleがサンフランシスコのモスコーニセンターでクラウドについてのカンファレンス「Google Cloud Next」を開いています。初日の基調講演ではどのような発表があったのかが公式のブログにまとめられていました。

What happened at Google Cloud Next ‘18
https://www.blog.google/products/google-cloud/next18-recap/

なお、講演の様子はYoutubeのGoogle Cloudチャンネルで確認できます。

Google Cloud Next ‘18 Keynote Recap - YouTube


GoogleはクラウドとオンプレミスのIT環境に高度な運用管理機能を提供するサービスとしてGoogle Services Platformを発表しました。このサービスには以下のような機能が含まれます。


・サービスメッシュ
サービスメッシュとは、マイクロサービス間の通信を言語に依存しない統一的な仕組みで制御するもので、Google Services Platformではオープンソースの「Istio」を採用するとのこと。また、企業の既存のAPI管理ツールを使用してIstioのマイクロサービスを操作できるようにする「Apigee API Management for Istio」も提供します。

・ハイブリッドコンピューティング
コンテナを管理するためのサービスがGoogle Kubernetes Engine(GKE)ですが、このKubernetesクラスタをオンプレミス環境でも実行できるようにするサービスとしてGKE On-Premを発表しました。ユーザー企業はクラウドとオンプレミスで同一の環境が利用できるようになるとのこと。

・ポリシー管理
Kubernetesの負荷を管理する単一ポリシーを確立するためにGKE Policy Managementが登場。

・オペレーションツール
新しいStackdriver Monitoringは環境全体のサービス、通信方法、依存関係をリアルタイムで映し出すサービスグラフを提供したり、サービスレベル目標を監視したり、特定のサービスのシグナルを1つにまとめるサービスダッシュボードを提供したりするようになります。


・サーバーレスコンピューティング
コンテナベースのアプリケーションをオンプレミスやクラウド、サードパーティーのデータセンターなどどこでも実行できるような環境を構築するためのミドルウェアコンポーネントを提供するKnativeが登場。

・デベロッパーツール
CI/CDプラットフォームとしてCloud Buildが登場しました。Githubなどのソースリポジトリに変更が加わると自動でビルドやテスト、デプロイを行ってくれるように設定可能です。


また、サーバーレスへの取り組みとしてApp Engineのスタンダード環境でPHPとPythonの新しいランタイムをサポートしたり、Firebaseの機能の一つCloud FirestoreにGCPからアクセスできるようにしたりすると発表しています。

Googleが開発を進めるプログラミング言語「Go」の公式ブログではクラウド間の移植を簡単に行えるようにするGo Cloudプロジェクトが発表されました。このプロジェクトによってアプリケーションをクラウド固有のAPIから切り離して、より移植性の高いシンプルなコードを書けるようにするライブラリが提供されるとのこと。

さらに、AI関連では「スキルレベルや専門知識に関係なく機械学習を活用できるツールを提供する」とのことで、特定のニーズに合わせてMLモデルを拡張したCloud AutoML VisionCloud Natural LanguageCloud Translationや、機械学習用にデザインされたASICチップのTPU V3s、会話型のインターフェースを提供するDialogflowなどが登場しました。

また、G Suiteではハングアウトチャットやメールの返信をアシストするスマート返信機能が登場したり、セキュリティ機能がアップデートされたりするとのこと。新しいG Suiteのイメージは以下のムービーを見るとよく分かります。

G Suite - Work Reimagined - YouTube


Google Cloud Next '18は現地時間で7月24日から7月26日までの3日間開催されます。また、2018年9月19日と20日の2日間に渡って東京でもGoogle Cloud Next '18 in Tokyoが開催される予定です。

・関連記事
「Googleがアルゴリズム的な判断でユーザーのシステムを停止させた」として影響を受けた人物が抗議の声を挙げる - GIGAZINE

Appleのクラウドサービス「iCloud」がGoogleのクラウドを利用していることが正式に明らかに - GIGAZINE

無料でGoogleのクラウド上にマインクラフトのサーバーを立てて複数人でマルチプレイする方法 - GIGAZINE

超お手軽にペアプログラミングも可能なプログラミング環境が構築できるAWSの「Cloud9」を使ってみた - GIGAZINE

クラウド経由の仮想マシンでOverwatchを高画質ぬるサクプレイ、コストは1時間200円とゲーセン感覚に - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1d_ts