サイエンス

1万4400年前には既にパンが焼かれていたことが明らかに

by Nathan Dumlao

現代において世界で最も多く消費される食料のひとつであるパンは、その知名度とは裏腹にその起源はほとんど知られていません。2018年7月16日に米国科学アカデミー紀要で掲載された研究論文によると、農業が行われるようになったと考えられている時点よりも4000年も前、今から約1万4400年前にはすでにパンが存在したことが明らかになっています。

Archaeobotanical evidence reveals the origins of bread 14,400 years ago in northeastern Jordan | PNAS
http://www.pnas.org/content/early/2018/07/10/1801071115

Scientists Have Discovered The Earliest Evidence of Bread, And It's Much Older Than We Expected
https://www.sciencealert.com/researchers-have-found-crumbs-of-evidence-from-the-world-s-first-bread

これまで歴史家や考古学者たちは、約1万年前に農業が行われるようになってから、収穫した小麦を細かく粉砕してパンが作られるようになったと考えていました。しかし、新しい研究調査により、農業が行われるようになる約4000年も前に、既にパンが作られていたという証拠が発見されています。

研究に携わったコペンハーゲン大学のAmaia Arranz Otaegui氏は、「パンは定着した複雑な社会が生み出したものではなく、旧石器時代の狩猟採集時代が生み出したものであることを示しています」と、パンは農耕社会が生み出したものではないことが明らかになったと話しています。

約1万4400年前のパンの跡が見つかったというのは、ヨルダンの「Shubayqa 1」という名の土地。ここにある「石を地面に敷き詰めるようにして作られた楕円形の暖炉」に、1万4400年前のパンの跡が見つかったとのこと。


Otaegui氏は、パンの跡が見つかった建物が住居だったのか儀式の目的で使用されていたものなのかは明らかになっていないと語っています。Otaegui氏ら研究チームは暖炉の堆積物を調査していたのですが、見つかったサンプルは種子・ナッツ・焦げ木ではないことに気づき、トースターの底にたまったパン粉のように見えたとのこと。この堆積物を放射性炭素年代測定したところ、約1万4400年前のものであることが明らかになっています。

研究チームはナトゥフ文化の技術を用いて小麦粉からパンの生地を作るという実験も行ったそうで、「パンの識別に関する主な基準はその多孔質の質感にあります。おかゆのような食べ物であれば穀粒は残りますが、発見された堆積物にはそのようなものが見えませんでした」とOtaegui氏は語っています。

発見された堆積物は一般的なパンよりもピタに近いものと予測されており、マッツォートルティーヤのように「切られていないパン」であった可能性が指摘されています。

by Rebecca Siegel

研究チームは大昔にヨルダンで暮らしていた狩猟採集者たちが食べ物を粉砕して焼くことができることを知っていたとして、「Shubayqa 1で発見されたパンは、狩猟採集者たちが『食べ物を粉砕して焼いていた』ということを示す最初の発見です」と語っています。

ナトゥフ文化の人々は野性の小麦と大麦を集めていたと推測されており、堆積物中のパン粉はデンプンの分析によりオートムギを使用していることが明らかになっています。同時に、当時の人々はパンの中に「クラブラッシュ」と呼ばれる塊茎を砕いて入れていたことも明らかになっています。なお、Otaegui氏によると、塊茎には糖分が多く含まれており、塩味もあるとのこと。加えて、実際に当時の技術を再現しながらパンを作った際には、塊茎をうまく粉に粉砕することに成功したそうです。

水・小麦粉・ドライイーストという少量の材料で簡単に作れるパンは、手軽に作れて栄養価も高いという食料です。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの古代植物学者であるドリアン・フラー氏は、今回の発見により「カロリーの必要性により家畜化が起きた」という点に疑問が生じたとまで主張しており、パンの成り立ちだけでなく人間がどのように生活の形態を変えてきたのかについても一石を投じる発見になる可能性を示唆しています。

・関連記事
世界中で食べられる「パン」の歴史とは? - GIGAZINE

紀元前1600年ごろに作られた世界最古のチーズが発見される - GIGAZINE

マヤ文明の頃から2500年受け継がれる伝統の方法でチョコレートが作られているグアテマラの姿 - GIGAZINE

「1週間で1度も休みを取らなかった」としてフランスの裁判所がパン職人に罰金を科す - GIGAZINE

白パンの時代は終わりを迎えつつあり、黒パンの売り上げが増加していることが明らかに - GIGAZINE

in サイエンス,   , Posted by logu_ii