ハードウェア

ARMが新CPU「Cortex-A76」を発表、スマホだけでなくWindowsノートPCや自動運転カーへの採用も想定


半導体大手のARMが、モバイル向けの新CPU「Cortex-A76」を発表しました。Cortex-A76は圧倒的な性能向上によって、Windows 10ノートPC向けでの利用も十分可能です。

cortex a76 efficient laptop class performance - Processors blog - Processors - Arm Community
https://community.arm.com/processors/b/blog/posts/cortex-a76-laptop-class-performance-with-mobile-efficiency

「Cortex-A76」は従来のbig.LITTLEテクノロジーを進化させた「DynamIQテクノロジー」ベースの最新ハイエンドCPUで、スマートフォンの電力効率を維持しつつ、ノートPCクラスのパフォーマンスを実現するとのこと。

Cortex-A76は前モデルCortex-A75と比べてパフォーマンスが35%アップ、電力効率が40%アップ、機械学習性能では4倍と大幅に性能向上しています。


Cortex-A73との性能比較では、ベンチマークソフトGeekbenchのスコアがSIMD演算で1.9倍、浮動小数点演算で2.5倍と大幅に性能アップしています。


単純な性能で2.1倍、消費電力が5Wという制限下でも1.9倍と、圧倒的な進化を実現しているとのこと。なお、発表会でARMは「より大きなキャッシュを備えてもなおCortex-A76はIntelのSkylake CPUコアのサイズに収まっており、Skylake CPUにIPC性能差で10%まで迫っている」と述べたそうですが、プロセスノードのスケーリング補正がされた値だろうとAnandTechは述べています。


スマートフォンなどのモバイル端末だけでなくWindows 10ノートPCやIoT端末、自動運転カーでの利用が想定されています。


TSMCの7nmプロセスで製造される「Cortex-A76」採用端末は、2019年に市場投入される見込みです。


大幅に性能が進化したCPU「Cortex-A76」や、新GPU「Mali-G76」、新VPU「Mali-V76」を発表したARMによると、これらのIPによって次世代のモバイル高速通信「5G」時代にはさらに進化したモバイル端末が実現する見込みです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ARMが新AIプロセッサ「ARM Machine Learning」を発表、クラウドなしで端末による機械学習処理が可能に - GIGAZINE

人工知能や機械学習のパフォーマンスを最大50倍に向上させ10倍も高速化できるARMの「DynamiQ」 - GIGAZINE

ARMがAI・VR・MRに対応する新CPU「Cortex-A75/A55」および新GPU「Mali-G72」を発表 - GIGAZINE

ARMがスマホ向け新GPU「Mali-G76」&新VPU「Mali-V76」を発表、スマホで8K・60fps再生に対応へ - GIGAZINE

ARMの次期CPUコア「Cortex-A72」はIntelのCore M以上の超絶性能であることが判明 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.