メモ

ホメオパシーの「病気が治る音声ファイル」を医者が販売しているとして問題に

by Emilio Garcia

カリフォルニアの医療委員会が、エボラ出血熱などの命を脅かす危険性を持った感染症を含むさまざまな病気を治療できると主張するサウンドファイルを販売する、ウィリアム・エドウィン・グレイ3世の医師免許をはく奪すべきかどうかを検討しています。グレイ医師の販売していたサウンドファイルは、いわゆるニセ医学の一種であるホメオパシーであり、治療可能な病にはエボラ出血熱の他に、SARS、豚インフルエンザ、マラリア、腸チフス、コレラなどがあります。

Doctor slammed by med board for selling $5 homeopathic sound waves for Ebola | Ars Technica
https://arstechnica.com/science/2018/05/doctor-slammed-by-med-board-for-selling-5-homeopathic-sound-waves-for-ebola/

グレイ医師のホメオパシー治療を告発する(PDF)文章によると、カリフォルニアの医療委員会はグレイ医師への処分として医師免許のはく奪もしくは免許の一時停止を検討しており、処分を決めるための公聴会を開く予定です。

なお、ロサンゼルスタイムズとのインタビューの中で、グレイ医師は「率直に言って、私は医師免許を失うと思う」と答えており、医師免許を失う覚悟は既にできている模様。

グレイ医師はスタンフォード大学医学部を卒業して以来、ホメオパシーの研究に焦点を当ててきたという人物。ホメオパシーは医師免許を必要としないため、グレイ医師は免許をはく奪されたとしてもこれまで行ってきたビジネスを継続することが可能。なお、ホメオパシーとは科学的に信ぴょう性のない、「ニセ医学」とも呼ばれるものです。

by Milada Vigerova

グレイ医師が自身のウェブサイト上で販売しているのは「eRemedies」という音声ファイル。これは電化したワイヤーコイルにホメオパシーの治療薬を入れ、音を発することで治療のためのエネルギーを音声データとして録音することに成功したものだそうです。症状別に用意された音声ファイルはWAVおよびMP3形式でダウンロード可能で、1ファイル5ドル(約550円)で販売されています。

グレイ医師のウェブサイト「MD In Your Hand」では、eRemediesを用いることで23種類の病が治療可能とされており、ユーザーは自身の症状に関する一連の質問に答えるだけで適切なeRemediesを提案してもらうことができます。

Homepage - MD In Your Hand
https://www.mdinyourhand.com/


MD In Your Handが提供している音声ファイルが安全かつ効果のあるものであることを示す証拠は存在しません。また、eRemediesはエボラ出血熱のような命に危険がおよぶ可能性のある症状に対しても効果があるとしており、それを信じた患者が音声ファイルを用いた治療を行うことで、「本物の治療を受けるタイミングが遅くなり命を危険にさらしてしまう可能性」もあります。これらの理由からカリフォルニアの医療委員会はグレイ医師の行為を問題視し、医師免許はく奪に向けて動き出したようです。

・関連記事
現代医学に懐疑的な人々に人気の治療法「ホメオパシー」とはどのようなシステムなのか? - GIGAZINE

ホメオパシーの科学的根拠とされノーベル賞候補が主張した「水の記憶」とは何か? - GIGAZINE

なぜ科学教育において「哲学」が重要になってくるのか - GIGAZINE

マインドフルネスや瞑想は科学的根拠が著しく乏しい - GIGAZINE

エセ科学記事にだまされないために重要な12のポイント - GIGAZINE

in メモ, Posted by logu_ii