試食

カルビーのスナック菓子をフライドポテトで再現した「ふるポテ(ポテトチップスしあわせバタ~風味)」や国産果汁を使用した「カクテルソーダ」などをロッテリアで味わってみた


カルビーのスナック菓子の味付けを再現してしまったフライドポテト「ふるポテ(ポテトチップスしあわせバタ~風味)」と 「ふるポテ(サッポロポテトバーべQあじ風味)」が、2018年5月25日(金)からロッテリアで登場しています。また、同日に国産果汁を使用した爽やかな炭酸ドリンク「カクテルソーダ」全3種類が登場しています。人気スナック菓子の味わいとフライドポテトのコンビネーション、そして果汁を使用した爽やかな炭酸ジュースを実際に味わってみました。

~ロッテリア×Calbeeコラボレーション『ふるポテ』が登場!!~ 『ふるポテ(ポテトチップスしあわせバタ~風味)』 『ふるポテ(サッポロポテトバーべQあじ風味)』 2018年5月25日(金)よ...|ニュースリリース|ロッテリア
https://www.lotteria.jp/news/000193/

~初夏を彩る爽やかなフルーツスカッシュドリンクが登場!!~ 「カクテルソーダ」 2018年5月25日(金)より発売!|ニュースリリース|ロッテリア
https://www.lotteria.jp/news/000192/



ロッテリアにやってきました。


お店の前には登場したポテトとドリンクを知らせるポスターなどはありませんでしたが、店内のメニューに発見。最初に、「ふるポテ(ポテトチップスしあわせバタ~風味)」と 「ふるポテ(サッポロポテトバーべQあじ風味)」を注文。次に、「カクテルソーダ(瀬戸内レモン&オレンジ)」、「カクテルソーダ(福岡あまおういちご&オレンジ)」、そして「カクテルソーダ(沖縄パイン&メロン)」を注文します。


◆ふるポテ
「ふるポテ(ポテトチップスしあわせバタ~風味)」と 「ふるポテ(サッポロポテトバーべQあじ風味)」(各税込310円)が到着。両フライドポテトとも、名前の通りそれぞれカルビーのスナック菓子のポテトチップスとサッポロポテトの味を再現したものとなっています。


・ふるポテ(ポテトチップスしあわせバタ~風味)
「ふるポテ(ポテトチップスしあわせバタ~風味)」(税込310円)は、「ポテトチップスのしあわせバタ~風味」を再現したフレーバー。ちなみに、ロッテリアとカルビーとのコラボはこれまでにも何度かあって、ふるポテの「コンソメWパンチ風味」や「かっぱえびせん」、カルビーのポテトチップスを挟んだ「ポテトチップスバーガー」などが登場したことがあります。


両ふるポテの紙袋の中には、ほんのり塩味がついたフライドポテトが入っています。


食べる手順は別添の「ふるポテの素」をお好みの量で袋の中に入れてから、袋の口を閉じて両手で10回ほど振ってフライドポテトと混ぜます。


「ふるポテ(ポテトチップスしあわせバタ~風味)」に別添している「ふるポテの素 ハニーバーター風味」の原材料は、モチーフとなっているカルビー ポテトチップス しあわせバターと共通する材料、「マスカルポーネチーズパウダー」や「発酵酵母エキスパウダー」、「粉末はちみつ」などはちみつ由来の粉末、そして「パセリ」などが含まれています。


ふるポテの素を、最初は様子見で半分ほど投入。


10回ほど振ります。


ふるポテの素とフライドポテトを混ぜると、温かいフライドポテトからチーズの香りが漂います。


「ふるポテ(ポテトチップスしあわせバタ~風味)」は甘めの味付け。チーズの香りがしますが、チーズの存在を示す味はほのかに酸味がするぐらい。「ハニーバーター風味」という名前通り、はちみつのようにやさしい甘さと塩気が合わさった甘塩っぱい味付けになっています。


・ふるポテ(サッポロポテトバーべQあじ風味)
次は、「ふるポテ(サッポロポテトバーべQあじ風味)」(税込310円)


ふるポテの素と混ぜる前はこんな感じ。細長くてほんのりと塩味がついたフライドポテト


別添の「ふるポテの素 バーベキュー風味」の原材料も、モチーフの「カルビー サッポロポテト バーベQあじ」と「粉末しょうゆ」や「ビーフパウダー」「チキンエキスパウダー」など共通するものが多い模様。


ふるポテの素を様子見で半分ほど入れて振ります。


ふるポテの素と混ぜると、ビーフと醤油そして、コショウなどが合わさったバーベキューソースの甘い香りが漂います。ちなみに、「ふるポテの素 バーベキュー風味」自体に色があまりないので、見た目の変化はあまりありませんでした。


食べてみると、甘辛い醤油味ベースのバーベキュー味。ふるポテの素を半分入れただけでもパンチのある味付けに仕上がっています。味の主張が強いので、ハンバーガーなど別の品と一緒に食べる時は、ふるポテの素を少しずつ混ぜていった方がよさそうです。


◆カクテルソーダ
次は果汁と炭酸水が材料のスカッシュドリンク、カクテルソーダのシリーズ左の「カクテルソーダ(瀬戸内レモン&オレンジ)」、真ん中の「カクテルソーダ(福岡あまおういちご&オレンジ)」、そして右の「カクテルソーダ(沖縄パイン&メロン)」(各税込280円)です。カクテルソーダそれぞれには、国産果汁とサントリーの飲料「なっちゃん!」のシロップと炭酸水などが使用されています。


カップサイズのバリエーションは1つで、カップの高さはiPhone 7(長辺13.8cm)よりやや低いぐらい。


・カクテルソーダ(福岡あまおういちご&オレンジ)
「カクテルソーダ(福岡あまおういちご&オレンジ)」(税込280円)は、福岡あまおういちごの果汁などを使用した炭酸ドリンク。


よくかき混ぜて飲んでみると、イチゴが香る甘くて炭酸が心地良いドリンク。炭酸は微炭酸ほどで、酸味は控えめになっています。


・カクテルソーダ(沖縄パイン&メロン)
「カクテルソーダ(沖縄パイン&メロン)」(税込280円)は、沖縄パイン果汁を使用したシロップに、メロンシロップと炭酸水を合わせたもの。ちなみに、このドリンクだけ「なっちゃん!」のシロップが使われていません。


沖縄パインの風味を感じられる甘くてほのかな酸味がする仕上がり。ドリンクの色はメロンですが、味と香りは沖縄パインの存在感がとても強いので、メロン味を想像して飲むと少々驚いてしまうかも……。しかし、メロンシロップの甘さのおかげか、パインだけのジュースなどと比べると酸味が抑えめで味に丸みがあります。カクテルソーダ3品のなかで1番甘いドリンクに感じます。


・カクテルソーダ(瀬戸内レモン&オレンジ)
最後は「カクテルソーダ(瀬戸内レモン&オレンジ)」(税込280円)。瀬戸内レモン果汁を使用したレモネードに「なっちゃん!オレンジ」のシロップと炭酸水を合わせたもの。


飲むと、最初にオレンジの香りと甘みがして、レモンの香りと酸味がオレンジの風味をサポートしているように感じます。オレンジの存在感が強いですが、レモンが後味を引き締めるので、カクテルソーダ3品の中で一番爽やかに感じました。


「ふるポテ(ポテトチップスしあわせバタ~風味)」と 「ふるポテ(サッポロポテトバーべQあじ風味)」、「カクテルソーダ(福岡あまおういちご&オレンジ)」、「カクテルソーダ(沖縄パイン&メロン)」、そして「カクテルソーダ(瀬戸内レモン&オレンジ)」は提供期間が2018年8月下旬までとなっています。ちなみに、今回は単品で注文しましたが、ふるポテとカクテルソーダは、単品よりも安く注文できるセット「ふるポテコンビ」(税込420円)やカクテルソーダにジェラートをトッピングとしてのせた「カクテルソーダフロート」(税込360円)も用意されているので公式サイトでチェックしてみてください。なお、以下の店舗では提供していません。

◆提供対象外の店舗一覧
・さいたまスーパーアリーナ店
・上野公園ルエノ FS店
・銀座クリスタルビル店
・八景島シーサイドオアシス店
・神戸ハーバーランド店
・ZOZOマリンスタジアム店

・関連記事
いちごとさくらを使ったショートケーキのようなドリンク「ショートケーキ仕立てのいちごシェーキ」と北海道産あずきといちごのパイ「もちもちいちごあんパイ」などをロッテリアで食べてみた - GIGAZINE

パティ2枚にハッシュポテトが挟まれたボリュームのあるハンバーガー「ハッシュマックスハンバーガー」全2種類をロッテリアで食べてみた - GIGAZINE

ついにロッテリアの「絶品チーズバーガー」が全国発売 - GIGAZINE

絶妙な甘塩っぱさが癖になるカルビー「ポテトチップス 鳥取の味 砂丘をイメージした珈琲味」を食べてみました - GIGAZINE

カルビー初のレストラン「カルビープラス ファームダイニング」の素材を生かしたメニューで満腹になってきた - GIGAZINE

お湯をかけるだけで速攻でポテトサラダやマッシュポテトが完成するカルビー「じゃがマッシュ」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi