ハードウェア

CPU選びに迷うゲーマーのための価格帯別「ベストゲーミングCPU」ガイド2018春


PC関連サイトのTom's Hardwareが、CPU選びに自信がないゲーマーのために、価格帯別に最高のCPUが何かを提案するリスト「Best Gaming CPUs」を公開しました。

Best CPUs of 2018 - Top Picks for Gaming and Performance
https://www.tomshardware.com/reviews/best-cpus,3986.html

「Best Gaming CPUs」はPCゲームを楽しむゲーマーに向けて作成された「最良CPUの提案」であり、選考は価格帯別に最高のゲーミング性能を引き出せるか?という、性能/価格が基準になっています。そのため、ゲーマー以外のユーザーには適さない可能性があることと、CPUの価格は変わり得るのであくまで2018年5月時点でのアメリカ国内価格をもとにした推奨CPUであるという注釈が付けられています。

◆300ドル以上
300ドル(約3万3000円)以上というボクシングで言えば「ヘビー級」にあたるランキングでベスト1に選ばれたのは「AMD Ryzen 7 2700X」(329ドル:約3万6000円)。第2世代のRyzen 7のハイエンドモデルのRyzen 7 2700Xは、1080p条件でのゲーム環境ではIntel Core i7-8700K(347ドル:約3万8000円)に限りなく性能で肉薄し、8コア/16スレッドのメニーコアによるマルチスレッドタスク性能により、ゲーム配信などでもメリット大。総合性能の高さで自作PCファンで人気が爆発中のRyzen 7 2700Xは、ゲーミングCPUとしても最高の評価を得ました。


純粋なゲーミング性能でRyzen 7 2700Xをわずかに上回るCore i7-8700Kですが、CPUクーラーが付属せず追加で30ドル(約3300円)の費用がかかることや、オーバークロック耐性を活かすためにさらなるCPUクーラーへの投資が必要なことからベスト1には選ばれず、Ryzen 7 2700Xの「代替案」という評価にとどまっています。


なお、300ドル以上という上限価格に制約のないCPUには「Intel Core 9」や「Ryzen Threadripper」などの16コア以上のハイエンドデスクトップモデルがあるものの、マザーボードやメモリなどを含めて極めて高価なわりに、それに見合ったゲーミング性能が引き出せていないということで選ばなかったとのことです。

◆200ドルから300ドル
200ドルから300ドル(約2万2000円から3万3000円)という、価格性能比が高い「ボリュームゾーン」で最高の評価を得たのは、「Intel Core i5-8400」。Kaby Lakeシリーズの4コアから新たに6コアにスケールアップされたCore i5-8400は、単純にコア性能が50%増しというお得感アリ。対応するZ370チップセット搭載マザーボードが120ドル(約1万3000円)から選べるというトータルコストの安さも利点として挙げられています。


代替案には「AMD Ryzen 5 1600X」「Intel Core i5-8600K」「AMD Ryzen 5 2600X」が挙げられていますが、179ドル(約2万円)という低価格のCore i5-8400のコストパフォーマンスには及ばないという評価になっています。なお、179ドルなので厳密には「200ドルから300ドル」の範囲外ですが、同ランク内の他のCPU以上に魅力的だということなのかもしれません。

◆100ドルから200ドル
100ドルから200ドル(約1万1000円から2万2000円)という低価格帯でのベストゲーミングCPUは「AMD Ryzen 5 2400G」(163ドル:約1万8000円)。AMDのVegaマイクロアーキテクチャ採用GPUを内蔵したAPUは、仮想通貨マイナーとの間で争奪戦になってしまいグラフィックボード入手難のタイミングでは、グラフィックボードなしでライトゲームがプレイできるRyzen 5 2400Gは貴重な存在と言えそうです。


◆100ドル未満
100ドル未満という激安のゲーミングCPUとして最高の評価を受けたのは「AMD Ryzen 3 2200G」(99ドル:約1万1000円)。内蔵GPUとはいえ720pのゲームでは安定したパフォーマンスを発揮し、さらにNVIDIA GeForce GTX 1050以上の低価格グラフィックボードと組み合わせることで、限られた予算でもゲーミングPCを構築することが可能。BIOSアップデートで300シリーズの旧チップセット搭載AM4マザーボードに対応することも、低コストでのゲーミングPC構築に有利であることも理由に挙げられています。


4つの価格帯別のトップは以上の通り。そのうえで、すべてのCPUの中で最高のゲーミングCPUとして「AMD Ryzen 7 2700X」が選ばれました。

4部門で3つの「最高」評価を受けたAMDは、Twitterで喜びをツイートしています。

・関連記事
「Ryzen 5 2400G」ではメモリ性能がゲーミング性能にどれくらい影響を与えるのかを検証 - GIGAZINE

AMD復活を実現したRyzen誕生1周年座談会開催、未発表の「Zen 5」について開発者がうっかり漏らすハプニングも - GIGAZINE

PCの中で自作PCを組み立てられるシミュレーションゲーム「PC Building Simulator」で実際にPCをいじってみました - GIGAZINE

世界的にPC市場が縮む中、ゲーミングPC市場は3兆円を超え急速に成長中 - GIGAZINE

AMD Ryzen設計者の天才ジム・ケラーがテスラを辞めてIntelへ電撃移籍 - GIGAZINE

直近10年で初めてAMDがCPU販売シェアでIntelを抜く - GIGAZINE

「Zen+」ことRyzen 2000シリーズのスライドがリークしてスペック・価格・発売日が明らかに - GIGAZINE

Intelが第9世代Coreプロセッサー「Ice Lake」を正式登録、前倒し投入されるCPUの内容は? - GIGAZINE

AMDのVega内蔵デスクトップ向けAPU「Ryzen 5 2400G」&「Ryzen 3 2200G」登場、GPU性能&価格でIntel製品を圧倒 - GIGAZINE

第7世代Intel Coreプロセッサ「Kaby Lake」のデスクトップ版CPUが登場、前モデルと性能変わらずとの評価に - GIGAZINE

in ハードウェア,   ゲーム, Posted by logv_to