今日は毎月恒例「Windows Update」の日

By GotCredit

今月も毎月更新されるWindowsのセキュリティ更新やバグ修正が配信されるWindows Updateの日がやってきました。早めにアップデートしておきましょう。

2018 年 5 月のセキュリティ更新プログラム (月例) – 日本のセキュリティチーム
https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2018/05/09/201805-security-updates/


◆Windows 10およびWindows Server 2016(Microsoft Edgeを含む)
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows 10 v1803:4103721、Windows 10 v1709:4103727、Windows 10 v1703:4103731、Windows 10 v1607:4103723、Windows 10:4103716、Windows Server 2016:4103723

◆Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2マンスリーロールアップ:4103725
Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2セキュリティのみ:4103715

◆Windows Server 2012
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows Server 2012マンスリーロールアップ:4103730
Windows Server 2012セキュリティのみ:4103726

◆Windows RT 8.1
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows RT 8.1:4103725
注:Windows RT 8.1の更新プログラムはWindows Updateからのみ入手できます。

◆Windows 7 および Windows Server 2008 R2
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows 7および Windows Server 2008 R2マンスリーロールアップ:4103718
Windows 7および Windows Server 2008 R2セキュリティのみ:4103712

◆Windows Server 2008
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows Server 2008の更新プログラムは累計的な更新プログラムやロールアップとして提供されません。次の記事はWindows Server 2008のバージョンを参照しています。40940794101477413094441311884134651

◆Internet Explorer
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Internet Explorer 9 IE累積的:4103768、Internet Explorer 10マンスリーロールアップ:4103730;Internet Explorer 10 IE累積的:4103768;Internet Explorer 11マンスリーロールアップ:4103718および4103725、Internet Explorer 11 IE累積的:4103768、Internet Explorer 11セキュリティ更新プログラム:41037164103721410372341037274103731

◆Microsoft Office関連のソフトウェア
最大深刻度:
重要

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
マンスリーセキュリティ更新プログラムのリリースのMicrosoft Officeに関連するサポート技術情報の記事の数は、CVEの数、および影響を受けるコンポーネントの数によって変わります。今月リリースされるOfficeの更新プログラムに関連するサポート技術情報は20件を超えます。概要をお知らせする目的から、ここでは一部のみを掲載します。資料の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

◆Microsoft SharePoint関連のソフトウェア
最大深刻度:
重要

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Microsoft SharePoint関連のソフトウェア:311488940183814018390401839840221304022145

◆Microsoft Exchange Server
最大深刻度:
重要

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Microsoft Exchange Server関連のソフトウェア:4092041および4091243

◆Microsoft .NET ソフトウェア
最大深刻度:
重要

最も大きな影響:
セキュリティ機能のバイパス

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
.NET Frameworkのセキュリティ更新プログラムのリリースに関連するサポート情報の記事数は、CVEの数と影響を受けるコンポーネントの数によって変わります。今月リリースされる.NET Frameworkの更新プログラムに関連するサポート情報の記事は20件を超えます。概要をお知らせする目的から、ここでは一部のみを掲載します。.NET Coreは、MicrosoftとGitHubの.NETコミュニティが保守している汎用開発プラットフォームです。

◆SDK for Azure IoT
最大深刻度:
重要

最も大きな影響:
情報漏えい

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Microsoft Azure IoTデバイスのSDKには、Azure IoT Hubサービスに接続し、管理されるデバイスとアプリケーションの構築が簡単になるコードが含まれています。GitHubは、すべてのAzure IoT SDKのリポジトリを保守しています。詳細については、「How to get support for Azure IoT SDK」(英語情報)を参照してください。

◆ChakraCore
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
ChakraCoreはChakraのコア部分であり、HTML/CSS/JSで記述されたMicrosoft EdgeとWindowsアプリケーションを強化する高パフォーマンスのJavaScriptエンジンです。詳細については、https://github.com/Microsoft/ChakraCore/wikiを参照してください。

◆Adobe Flash Player
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Adobe Flash Playerのサポート技術情報:4103729
Adobe Flash Playerのアドバイザリ:ADV180008

◆Windows Host Compute Service Shim
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
hcsshim のリリースノート:hcsshim v0.6.10

なお、インストールされているソフトウェアの組み合わせによって実際のアップデート件数は異なります。詳細をチェックする場合はセキュリティ更新プログラム ガイドから検索が可能で、日付範囲を5月8日に指定すれば今月のセキュリティ更新のリリースノートや詳細を取り込むことができます。

Windows Updateはアメリカ時間で毎月第2火曜日に公開されており、日本時間での次回アップデートは2018年6月13日(水)の予定となっています。

・関連記事
Windows Updateで「ブラウザで特定サイトを開くだけでシステムをハック可能」なMicrosoft Graphicsの脆弱性など修正 - GIGAZINE

予期せぬWindows10の強制アップデートを防いでくれるソフトウェア「StopUpdates10」レビュー - GIGAZINE

今日は毎月恒例「Windows Update」の日 - GIGAZINE

Windows 95の起動音を4000%の長さに伸ばしたらアンビエント風で瞑想に使えそうな神秘的サウンドに変化 - GIGAZINE

黒板に手描きでWindowsを再現してコンピューターなしでコンピューターを教えるアフリカの熱血教師 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   セキュリティ, Posted by logx_tm