ソフトウェア

GoogleのIoT向けOS「Android Things 1.0」が正式リリースに


GoogleによるIoT管理OS「Android Things」のバージョン1.0がリリースされました。これに合わせてGoogleは認定ハードウェア、開発者向けAPI、Googleのバックエンドインフラストラクチャーを使用した安全な管理対象ソフトウェアの更新などを提供します。

Android Developers Blog: Say Hello to Android Things 1.0
https://android-developers.googleblog.com/2018/05/say-hello-to-android-things-10.html

GoogleのIoT向けOS「Android Things」は、これまで開発者向けプレビュー版が公開されており、SDKのダウンロード数は10万を超え、Google+のコミュニティを通じてフィードバックしてくれた開発者の数も1万人を超えているそうです。そんな中、Android Things搭載端末の長期サポートを実現することで、ついに「Android Things 1.0」の正式版がリリースされました。

また、Android Things 1.0ではNXPの「i.MX 8M」、Qualcommの「SDA212」や「SDA624」、MediaTekの「MT8516」といったシステムオンモジュール(SoM)のサポートも発表。サポートが発表されたSoMはいずれも3年間の長期保証が付いているものであり、これらを用いた試作品の投入が容易になるという利点があります。なお、これらSoMの開発ハードウェアおよびリファレンスデザインは今後数か月の間に提供されることとなる予定です。


開発者向けプレビュー版でサポートされていた「Raspberry Pi3 Model B」およびNXP「i.MX 7Dual」は、正式版のAndroid Things 1.0でも引き続きサポートされることとなりますが、NXP i.MX6ULについてはサポートが切れるので注意が必要です。なお、Android Things 1.0でサポートされるプラットフォームに関する詳細は以下のページから確認できます。

Supported platforms  |  Android Things  |  Android Developers
https://developer.android.com/things/hardware/


Googleがモバイル向けのOSとしてAndroidを提供する中で得たひとつの教訓が、「時間がたってもデバイスを安全に強化する必要がある」ということです。そのため、OTAでソフトウェアアップデートを提供することは、現代のOSにとってはもはや当たり前の要素といっても過言ではありません。運用上のハードウェアプラットフォームには、安定性のフィックスとセキュリティパッチがサポートされており、デフォルトですべての端末の自動更新が有効になっています。Googleは無料で3年間の安定性のフィックスとセキュリティパッチを提供し、オプションで追加サポートも提供します。また、3年間のサポート期間が終了しても、アプリケーションのアップデートは引き続き利用可能です。

ただし、非営利目的でソフトウェアアップデートのために「Android Things Console」を使用する場合は、100台のアクティブデバイスまでと制限されます。Android Thingsを実行している商品を出荷する開発者の場合、Googleとの販売契約に署名して端末の制限を解除する必要があります。

なお、Android Things ConsoleというのはAndroid Thingsでビルドしたアプリを管理するためのコンソールソフトです。

IoT端末のソフトウェアを管理できるツール「Android Things Console」を使ってみました - GIGAZINE


さらに、Android Things Consoleには、ハードウェア周辺機器を設定するための新しいインターフェースが追加されました。この新しいインターフェースにより、使用可能なペリフェラルPIOやGPIO、I2Cバス速度などのデバイスプロパティのビルドタイム制御が可能になります。この機能は今後さらに拡張されていく予定です。


Android Things搭載端末を市場に出すため、GoogleはLGiHomeLenovoといった複数の企業と連携してきました。これにより生まれたIoT製品は2018年の夏から夏の終わりにかけて順次市場に投入される予定とのこと。

なお、Android Things 1.0についての詳細な情報はリリースノートから読むことが可能です。

Android Things Releases  |  Android Things  |  Android Developers
https://developer.android.com/things/versions/releases

・関連記事
GoogleがIoT用「Android Things」ソフトの管理ツール「Android Things Console」をリリース - GIGAZINE

IoT端末のソフトウェアを管理できるツール「Android Things Console」を使ってみました - GIGAZINE

Googleが子どものAndroid端末の利用時間帯やダウンロードするアプリなどを管理できるアプリ「Family Link」をリリース - GIGAZINE

Googleが開発する謎の第三のOS「Fuchsia」、UIがどんなものか分かる画像&動画が公開される - GIGAZINE

「Android M」の詳細やIoT向けの新OSなどが次々と登場した「Google I/O 2015」まとめ - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logu_ii