試食

吉野家で6年ぶりに復活した鶏肉メニュー「鶏すき丼」を食べてみた


吉野家の新商品「鶏すき丼」が2018年4月26日(木)に登場しました。吉野家で鶏肉を使ったメニューが出るのは2012年11月以来、約6年ぶりということなので、その復活を噛みしめに食べに行ってきました。

吉野家の『鶏すき丼』発売のお知らせ | 吉野家公式ウェブサイト
https://www.yoshinoya.com/news/2018/news20180425/

吉野家にやってきました。


注文したのは「鶏すき丼」の並盛(税込450円)。


3分弱で鶏すき丼が到着。


丼の大きさは長辺13.8cmのiPhone 7と比べるとこんな感じ。


ごはんの上には甘辛いタレであえた鶏もも肉と玉ねぎ。そして、中央に半熟玉子が鎮座しています。


山椒が別添されています。


リリースに「店内調理にこだわり」とあるように、鶏もも肉は店内で蒸し注文を受けてからタレとあえることで、歯ごたえとうま味を両立しているとのこと。


食べてみると、鶏肉は柔らかくてジューシーで肉のうま味が感じられて、パサつきは皆無。玉ねぎはシャキシャキしていて甘めのタレの相性は抜群。鶏肉にタレがかかっていない部分は鶏肉本来の味を感じられます。


半熟玉子を割って食べるとクリーミーでコクを加えられて、鶏すき丼に変化を加えられます。


山椒をかけると、甘くてやさしい味付けに爽やかでピリッとした刺激が加わり、飽きることなく食べられました。


鶏すき丼は一部の店舗を除いた全国の吉野家で注文可能。並盛が税込450円で、大盛が550円となっています。

・関連記事
「どん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」とU.F.O.史上最高に辛い「U.F.O.濃厚激辛ソース焼そば」を食べてみた - GIGAZINE

たっぷり牛タンやフカヒレ入りなど絶品ご当地グルメの「ドミノ・ピザ お取り寄せピザ」全4種を食べてみた - GIGAZINE

ふっくら甘いブリオッシュ生地を使った「ブリオッシュバーガー」と素材を生かしたジュース「HPPドリンク」をウェンディーズで食べてみた - GIGAZINE

「刃牙」カフェで原作を忠実に再現した「試合前のエネルギー飯」と「14キロの砂糖水」を食べてきた - GIGAZINE

カキ氷の上に宇治抹茶を練り込んだ団子&ほうじ茶きなこをのせたミニストップ「ハロハロ 宇治抹茶あずき」が4年ぶりの復活を果たしたので食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi