動画

骨まで黒い神秘的なニワトリ「アヤム・セマニ」の飼育家に迫ったムービーが公開中


インドネシアには肉や骨まで黒い「アヤム・セマニ」という神秘的な鶏が存在します。アヤム・セマニの魅力について、その飼育家が熱く語るムービーがYouTubeで公開中です。

This Chicken is Entirely Black, From Beak to Bone - YouTube


アヤム・セマニは羽やとさかだけでなく、骨や肉まで、体のほぼ100%が黒いという鶏。


足の色まで黒です。


自身も黒いシャツに身を包んだ男性が、アヤム・セマニの飼育家であるWira Kusumaさん。


Kusumaさんが暮らすのはインドネシアの西ジャワ州。田園地帯が続くのどかな場所です。


緑に包まれた住宅地の中に……


アヤム・セマニがいました。


「初めてアヤム・セマニを見たときは非常に驚き、すぐに『どうやったら手に入れられるのだろう』と興味を持ちました」とKusumaさんは語ります。


「黒い鶏の話は子どものころから聞いていましたが、見たことはありませんでした」


Kusumaさんが抱えるのはエサの入ったバケツ。


中にはこんな感じで飼料が入っています。


大人になってからアヤム・セマニを見て、その後知り合いから3匹のアヤム・セマニをゆずってもらったとのこと。


アヤム・セマニが黒いのはメラニン色素のためであり、メラニン色素が多いほど鶏は黒くなります。1羽あたりの価格は質にもよりますが、グレードの高いものであれば700~1400ドル(約7万5000円~15万円)にも上るそうです。


神秘的な存在ゆえに、アヤム・セマニの飼い主には幸運や心の平穏、繁栄がもたらされるといわれています。


ペットであるアヤム・セマニとつながりを感じていると語るKusumaさん。Kusumaさんが病気になったりストレスを感じている時には、アヤム・セマニも同様にストレスでものを食べなくなり、Kusumaさんが幸福を感じている時にはアヤム・セマニも幸福そうになるそうです。


丁寧に体を洗ってあげています。


「インドネシア人として、このことを非常に誇らしく思います。だから私はアヤム・セマニに集中することに心を砕いているのです」とKusumaさんは語りました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
最高級で知られる「象の糞コーヒー」の工場を見学してきた - GIGAZINE

狩りで殺すために「突然変異」の動物まで育てている恐るべき牧場経営の実態が明らかに - GIGAZINE

地元民が愛した「アルビノの鹿」を狩ってSNSに投稿したハンターが大炎上、殺害脅迫も - GIGAZINE

ニワトリのニオイが「マラリア予防」に効果的であることが研究で明らかに - GIGAZINE

首を切り落とされても18カ月間生存した「首なし鶏マイク」、持ち主のひ孫が当時を語る - GIGAZINE

黒色を超越した「世界で最も黒い物質」が誕生、コーティングされたものの凹凸は目視では判別不能に - GIGAZINE

in 生き物,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.