動画

「マリオカートでズルをするような人は入学を拒否」という第一志望の高校からの不合格通知を受け取ってしまった女の子のムービー

by Nathan Rupert

友だちとテレビゲームで対戦していて、「相手が見ていない隙に勝手に操作する」「ウソを教える」「物理的に邪魔をする」など、勝ちたいあまりにズルをしてしまった、もしくはズルをされたという人もいるはず。幼少から憧れていた志望校を受験して結果発表を心待ちにしていた女の子が「マリオカートの対戦で相手が離席していた隙に一時停止をこっそり解除した」という理由で志望校から不合格と通知される様子のムービーが、アメリカの巨大掲示板であるRedditに投稿されて話題になっています。

My 13-year-old-daughter has been working on her art portfolio since she was 4 in hopes of getting into the magnet high school of her dreams. In only she’d known they would take her Mario Kart sportsmanship into consideration. (Full text of letter in comments) : videos
https://www.reddit.com/r/videos/comments/83uv1b/my_13yearolddaughter_has_been_working_on_her_art/


13歳のビビアンさんは4歳の頃から科学者になりたいと夢見ていて、さらに絵を描くことが本当に大好きだったこともあり、芸術を専門的に学ぶべく、公立の芸術高校であるBooker T. Washington High School For The Performing And Visual Artsへの入学を志望したとのこと。志望校に入学するため、ビビアンさんは10年もの間、ポートフォリオの作成に取り組んできました。ビビアンさんが作成したポートフォリオの一部は、ビビアンさん自身によってInstagramにアップされています。

実際にその手紙を受け取ったビビアンさんの反応は、父親のマット・ブルさんが公開した以下のムービーで見ることができます。

Vivian, a confirmed Mario Kart cheater, gets her high school acceptance letter - YouTube


高校からの封筒が机の上に置かれています。


母親に見守られながら、ビビアンさんはおそるおそる封筒を開けます。


緊張のあまり荒くなった呼吸を抑えながら文面に目を通しますが、不合格を知った瞬間に読むのをやめ、カメラを回している父親を見て「不合格だった」と静かに報告します。もう手紙は見たくないと気を落とすビビアンさんに、マットさんは「声に出して改めて手紙を読んでみて」と促します。


父親に言われた通り、ビビアンさんは「この度はBooker T. Washington High School For The Performing And Visual Artsを受験していただき、ありがとうございます……」と、少し震えながら手紙の文面を読み進めていきます。


しかし、「マリオカート」という本来なら有り得ないであろう単語が出てきたところで、ビビアンさんは大声で笑い出してしまいます。実は、この封筒に入っていた不合格通知書はマットさん自作のニセモノでした。マットさんは、娘のビビアンさんがマリオカートのプレイでズルをしていることを知っていたため、このどっきりを仕掛けようと考えついたそう。そこで合格通知の封筒をこっそりと開封し、用意したニセの手紙と交換して再度密封したとのこと。


「まともな人間らしい振る舞いって……」と笑い続ける娘に、「こっちが本当の手紙だよ」と父親は本物の封筒を手渡します


封筒の中に入っていたのは本物の合格通知。志望校へ見事合格したと知った瞬間、ビビアンさんは歓声を上げてその場で飛び跳ねます。


吉報に抱き合う家族3人


ビビアンさんはそれでも喜びを抑えきれず、「合格したわー!!」と大声で叫びながら外に駆け出してしまいます。


すぐにビビアンさんは家の中に戻ってきて、「ありがとう、お父さん」とカメラを回していた父親と抱き合い、ムービーは終わります。


なお、ニセの通知書はマットさんによってimgurにアップされています。通知書には「残念ながら入学させることができません」という堅いお断り、さらには校章や校長のサインまで再現されていて、きちんと文面を読まないとだまされてしまうのが納得の完成度です。


ニセモノの手紙には「あなたのポートフォリオとテストの結果はどれも素晴らしいものでしたが、別のことが問題となってしまいました。当校では、マリオカートで相手が席を外している間に一時停止しなかった人を残念ながら入学させることはできません。まともな人間らしい振る舞いを身に付けられれば、自由に再出願することができます」と書かれていて、ビビアンさんがマリオカートでズルをしたせいで入学が取り消されてしまったという内容になっていました。

・関連記事
Instagramで娘のセクシー自撮り投稿を止めるべく同じ構図の写真を1年以上投稿し続けるお父さん - GIGAZINE

娘のコスプレのため本当に人が乗れるパワードスーツ型マシンをパパが作り上げる - GIGAZINE

数学を楽しみながら学ぶ「数学は遊び場」という考え方の重要性 - GIGAZINE

十代の子どもたちが親から必要としているのは「愛情」よりもむしろ「体系立て」の体験 - GIGAZINE

TensorFlow×マリオカートでキノコカップ優勝も可能なリカレントニューラルネットワーク「MariFlow」を開発 - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by log1i_yk