試食

カツ&煮込みで鶏のうま味をWで楽しめるかつや「鶏煮込みとチキンカツの合い盛り丼」「鶏煮込みとチキンカツの合い盛り定食」を食べてみた


冬の厳しい寒さが続くこの季節、滋養のある料理をがっつりと食べて病気に負けず乗り切りたいものです。2018年1月26日(金)よりかつやから、がっつりご飯を食べたい人にぴったりな「鶏煮込みとチキンカツの合い盛り丼」「鶏煮込みとチキンカツの合い盛り定食」が登場しています。「鶏煮込み」と「チキンカツ」という2つの鶏料理を一度に味わえる鶏好きにはたまらないメニューになっているとのことで、早速食べてきました。

「かつや」 チキンカツ鶏煮込み
http://www.arclandservice.co.jp/katsuya/fair/fair.html

かつやに到着。


店の前には「鶏煮込みとチキンカツの合い盛り丼」と「鶏煮込みとチキンカツの合い盛り定食」の看板が飾られています。


「鶏煮込みとチキンカツの合い盛り丼」(税込637円)は、注文後10分ほどで提供されました。


iPhone 6sと比べると大きさはこんな感じ。


上にのせられた三つ葉が鮮やかなチキンカツ。


そして鶏がプリップリの鶏煮込み。


チキンカツは卵とじの優しいしょうゆ味で、少ししんなりした衣の柔らかい食感が楽しめます。


煮汁の味がしっかりとしみこんでいる鶏煮込みは生姜の風味が効いていて、食べれば食べるほど食欲が増します。鶏肉は弾力がある歯ごたえを楽しむことができ、柔らかい卵とじカツとの対比も面白いと感じました。


丼のご飯には鶏のうま味たっぷりの煮汁がしみわたり、これだけでも鶏感あふれる味わい。丼1杯でもお昼ご飯には十分すぎるボリュームがあります。


「鶏煮込みとチキンカツの合い盛り定食」(税込745円)は、熱された鉄製の皿に鶏煮込みと卵とじのチキンカツがのっており、ご飯と豚汁がセットになっています。


セットの豚汁はにんじんや豚などの具がたくさん。


「鶏煮込みとチキンカツの合い盛り」が盛られた鉄皿とiPhone 6sを比べるとこんな感じ。


チキンカツや鶏煮込みを食べていくと……


鉄皿にはたっぷりの煮汁がたまっていました。定食メニューになると丼よりもさらにボリュームが増し、晩ごはんとして食べても十分なほど。


なお、「鶏煮込みとチキンカツの合い盛り丼」&「鶏煮込みとチキンカツの合い盛り定食」は、いずれも在庫終了までの期間限定商品となっています。

・関連記事
サバ好き大歓喜必至なお通しからシメまでサバ料理を楽しみ尽くせるとろさば料理専門店「SABAR+ 大阪京橋店」へ行ってきた - GIGAZINE

サブウェイ新ジャンル「ホットフラット」第1弾のバジルとトマトの「ホットフラット・バジルチキン」を食べてみた - GIGAZINE

ぷるぷるのフカヒレがたっぷりな大阪王将「極上フカヒレ天津飯」「極上フカヒレあんかけ炒飯」を食べてみた - GIGAZINE

醤油ダレの絡んだサバの竜田揚げが丸ごと挟まれズッシリ重い「ドムフィッシュバーガー 鯖タツタ」をドムドムバーガーで食べてみた - GIGAZINE

「追いカラムーチョ」と特製スパイスで辛さ20倍まで調整可能なカラムーチョ火”ヒー”鍋など、カラムーチョと土間土間のコラボメニュー全8種を制覇してきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1h_ik