とろとろの玉子あんかけと紅ずわいがにの風味が絶妙な丸亀製麺「満福かに玉あんかけうどん」を食べてみた


2017年12月5日(火)より、丸亀製麺から「満福かに玉あんかけうどん」が登場しました。注文を受けてから作るとろみのある玉子あんかけに紅ずわいがにと濃厚なかにみそを合わせた、寒い季節にぴったりなうどんになっているとのことで早速食べてみました。

(PDF)~冬のごちそう!紅ずわいがにがたっぷり♪~『満福かに玉あんかけうどん』を12月5日から販売開始!
http://www.toridoll.com/ir/pdf/171128ka.pdf

季節限定メニュー 満福かに玉あんかけ|讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺
https://www.marugame-seimen.com/new_menu/

丸亀製麺に到着。


「満福かに玉あんかけうどん(並)」(税込690円)を注文すると、数分で出来たてが提供されました。どんぶりからは湯気が立ち上り、素手で触ると熱く感じるほど。玉子あんかけが全体にまんべんなくかけられており、うどんが見えないくらいです。


トッピングの紅ずわいがには2切れ。身の上には回しがけされたかにみそが、少しだけのっているのがわかります。


添えられた三つ葉が彩りを加え、見た目もきれいです。


とろみのきいた卵あんかけは魚介だしの優しい味付けとなっていて、合わせられたかにみその風味も感じられます。


紅ずわいがにを食べてみると、しっかりとかにの歯ごたえが感じられます。濃すぎない味付けの玉子あんかけは紅ずわいがにのほんのりとした風味を引き立てており、両者の相性はバツグン。


紅ずわいがには切り身だけでなく、卵あんの中にも混ぜられていて、切り身を食べ終えた後でもかにの風味をぜいたくに味わうことができます。


定番のコシがあるうどんは安心感があります。


途中で玉子あんかけと一緒に三つ葉を食べると、さっぱりとした味が口の中に広がり、味が単調になるのを避けられます。


味に変化を加えたいときは、無料で提供されている青ネギやショウガを混ぜてみると、ちょうどいいアクセントになります。とろみが強いため時間がたっても温かいままの玉子あんかけとショウガの相乗効果で、体が芯から温まるようです。


なお、「満福かに玉あんかけうどん」は並盛りが税込690円、大盛りが税込790円、特盛りが税込990円。2017年12月5日(火)から1月下旬までの販売予定で、一部店舗を除く全国の丸亀製麺で提供されます。

・関連記事
だし巻き玉子で牛肉&お揚げを包んだ「だし玉肉づつみうどん」を丸亀製麺で食べてきました - GIGAZINE

ごはんがあれば数分でつくれるお手軽料理「ちょっとぞうすい うに」試食レビュー - GIGAZINE

コメダ珈琲店の冬の新作ケーキ「とろ~りチーズスフレ」ほか全3種類を食べてみた - GIGAZINE

リンゴがほぼまるごと1個が入った贅沢なアップルパイ「ほぼ“まるごと”焼リンゴパイ」を食べてみた - GIGAZINE

コメダ珈琲店の「ドミグラスバーガー」はコクのあるソースで食べ応え十分 - GIGAZINE

71

in 試食, Posted by log1h_ik