ハードウェア

アクションカメラや防犯カメラに変形できる手のひらサイズの小型ドローン「PITTA」


カメラ付きドローンは、外に出て撮影に使う以外に用途がなく、家の中にあるときは邪魔になってしまったり、せっかく外出しても悪天候の場合には飛ばすことができず、ただのお荷物になってしまいます。小型のカメラ付きドローン「PITTA」を使うと、外出先で飛ばすことができなくても、プロペラ部分を外してアクションカメラとして使ったり、家の中にいるときはホームセキュリティカメラとしても使えるとのことです。

Drone – Welcome to eyedea inc – 아이디어주식회사
http://eyedea.co.kr/?page_id=33

「PITTA」がどんなドローンなのかは、以下のムービーを見るとわかります。

PITTA - Transformative Autonomous 4K Selfie Drone - YouTube


「PITTA」はモジュラータイプのカメラで、プロペラモジュールを付けると、小型ドローンとして空撮が可能です。


ドローンとして使用する場合、GPS・地形認識・ホバリング・サークル撮影・自動追尾・自動着陸・自動帰還・パノラマ撮影機能が用意されています。また、これらの機能を使用するのに、難しい操作は必要はありません。


たとえば、自動追尾機能を使う場合、スマートフォンアプリを使って、「PITTA」をホバリングさせ……


自動追尾モードをONにし、アプリに映っている「PITTA」の映像を見て、追尾する対象を指でドラッグして設定するだけで……


「PITTA」が自動的に対象を追いかけてくれます。


アクションカメラ用のアタッチメントを装着すると、自転車に取りつけて、走行中のムービーを撮影したり……


自撮り棒を取りつけて、自撮りを楽しむこともできます。


アクションカメラモードでは通常の撮影以外に、高速連写機能・スロー撮影(60FPS)・インターバル撮影・SNSシェア機能・ライブストリーミング機能があり、いろいろなスタイルで楽しむことができます。


また、充電用のクレードルに常時取りつけることで、ホームセキュリティカメラとして使うことも可能です。


「PITTA」は重さが200g、大きさは170mmで……


小さくて軽く、子どもでも簡単に持ち運びができます。


「PITTA」の詳細なスペックは以下の画像のとおりです。4K解像度で30FPSのムービー撮影が可能で、ドローンモードでは最大約15分の飛行、アクションカメラモードでは100分以上の撮影が可能とのこと。


なお、「PITTA」はクラウドファンディングプラットフォームのKickstarterで商品化のための出資を募っており、目標額5万ドル(約554万円)のところ、締め切りまで15日残した時点で、約42万ドル(約4650万円)以上を集めることに成功しています。

出資プランは次のような構成になっており、「リワードなし」「Join PITTA Community」を除いた、どのプランでも「PITTA」がゲットできます。

・「Kickstarter Exclusive [Basic Kit]」 289ドル(約3万2000円):PITTA、送料25ドル(約2800円)
・「Kickstarter Exclusive [Full Package]」 319ドル(約3万5000円):PITTA、プロペラガード、送料25ドル(約2800円)
・「PITTA + Extra Battery [FULL PACKAGE]」 339ドル(約3万8000円):PITTA(32GBストレージ付き)、プロペラガード、予備バッテリー、送料25ドル(約2800円) *数量限定
・「PITTA + 64GB STORAGE [FULL PACKAGE]」 339ドル(約3万8000円):PITTA(64GBストレージ付き)、プロペラガード、送料25ドル(約2800円) *数量限定
・「PITTA + BATTERY + 64GB [FULL PACKAGE]」 359ドル(約4万円):PITTA(64GBストレージ付き)、プロペラガード、予備バッテリー、送料25ドル(約2800円) *数量限定
・「Early Couple Pack [Basic Kit]」 558ドル(約6万2000円):PITTA×2、送料25ドル(約2800円) *数量限定
・「Early Couple Pack [Full Package]」 618ドル(約6万9000円):PITTA×2、プロペラガード×2、送料25ドル(約2800円) *数量限定
・「Family Pack [Basic Kit]」 1130ドル(約12万5000円):PITTA×4、送料25ドル(約2800円)
・「Family Pack [Full Package]」 1250ドル(約13万9000円):PITTA×4、プロペラガード×4、送料25ドル(約2800円)
・「Deca Pack [Full Package]」 3100ドル(約34万4000円):PITTA×10、プロペラガード×10、送料無料
・「Triconta Pack [Full Package] 」 9100ドル(約101万円):PITTA×30、プロペラガード×30、送料無料

出資の締め切りは日本時間で2018年2月3日(土)23時13分となっており、出荷時期は「PITTA + 64GB STORAGE [FULL PACKAGE]」「PITTA + BATTERY + 64GB [FULL PACKAGE]」を除き2018年5月以降の出荷予定となっています。なお、「PITTA + 64GB STORAGE [FULL PACKAGE]」と「PITTA + BATTERY + 64GB [FULL PACKAGE]」プランは2018年7月以降の出荷予定となっています。

PITTA - Transformative Autonomous 4K Selfie Drone by EYEDEA,INC — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/1627662609/pitta-transformative-autonomous-4k-selfie-drone

・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

世界で初めてドローンがおぼれている人の救助に成功 - GIGAZINE

首元にのせるだけで周囲360度のパノラマムービー撮影が可能なウェアラブルカメラ「FITT360」 - GIGAZINE

Daydream対応スタンドアロンVRヘッドセット「Mirage Solo」と撮影・即アップロード可能なYouTubeのVR180対応2眼カメラ「Mirage Camera」をLenovoが発表 - GIGAZINE

輸送機からドローンを放ち収容もする「空中空母」構想をアメリカ軍が2019年にも試験する見込み - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by log1j_ty