プールに無数の陶器を浮かべて風鈴のように音色を奏でる「CLINAMEN」


緩やかに流れるプールの中にたくさんの陶器を浮かべ、それらがぶつかり合うことで生まれる音色を楽しむ「CLINAMEN」という装置がフランス人アーティストによって公開されました。風鈴のような心地よい音色が流れ、いつまでも耳を澄ましていたくなる作品です。

CLINAMEN 2013 by Céleste Boursier-Mougenot at National Gallery of Victoria - Melbourne, Australia - YouTube


鮮やかな青色のプールの水面に浮かぶ陶器たち。


さまざまな大きさのおわんが浮かんでいて、少しずつ流れる水面にあわせて漂います。


おわんの内側で音が反響するのか、おわん同士がぶつかると不思議な音色が奏でられていきます。サイズの違うおわんが使われていることで、複数の音程が生まれていて、こればかりはムービーを見てもらうしか確認方法がないのですが、まるで風鈴のような心地よい音色。


横から見るとこんな感じ。


いつまでも耳を澄ませたくなる無作為な音は、その場の人を落ち着かせる「空間」までもを作っていました。


CLINAMENを公開したのはフランスの現代アーティストであるCéleste Boursier-Mougenot氏。


「CLINAMEN」は古代ギリシャの哲学者・エピクロスが説く世界の成り立ちを解説したティトゥス・ルクレティウス・カルスが作った言葉。予測不能な原子の動きを説明するものだとMougenot氏はインタビューで説明しています。CLINAMENは「clīnō(斜面・傾斜/曲げる・たわむ/沈む)」から派生した言葉で、現代ではひねる・ねじる・偏らせるという意味を持ちますが、これは原子が互いに遭遇した時に小さなカーブを描くからだそうです。Mougenot氏は自分にとってCLINAMENは「カーブ」を意味している、と語りました。

なお、もともとミュージシャンだったMougenot氏は「私たちの活動全てが音楽だ」というアプローチで活動を行っており、過去には小鳥の動きによってギターが奏でられるという作品を公開していますピーボディ・エセックス博物館のYouTubeアカウントからムービーを見ることが可能です。

FreePort [No 007]: Céleste Boursier-Mougenot - YouTube

・関連記事
宇宙船に吸い込まれていく人が見える斬新な風鈴「UFO風鈴」レビュー - GIGAZINE

好きな曲を稲妻の奏でるメロディで楽しめる「tinyTesla」 - GIGAZINE

集中力を高める「カフェの音」や「水の音」など自然の環境音を集めた作業用BGMサイト「音風景」 - GIGAZINE

雨の音から飛行機内の音まで好きなノイズ音で集中・リラックスできる「myNoise.net」 - GIGAZINE

コーヒーショップや大学など集中できる環境の音を再現する「Coffitivity」 - GIGAZINE

なぜ人間の脳は音楽の低音を愛するのか? - GIGAZINE

今まで未解明だった「音楽」が脳で処理されるメカニズムが明らかに - GIGAZINE

in 動画, Posted by logq_fa