アート

ある一点から見ると空間に幾何学模様が浮き上がってくるだまし絵アート


ある一点から見ると、幾何学模様が空間に浮かんでいるかのように見えるトリックアートです。これを作ったのはスイス生まれのアーティストであるフェリチェ・ヴァリーニ氏。描くときは投光器を使って壁に図形を映して描くそうです。

作品は以下から。
BBC NEWS | In Pictures | Public art at Cardiff Bay barrage

変な落書きがされている…?


壁面にもべったり。


遠くから見るとこのようになる。


赤い線が美術館の中を走り回っている。


あとからスタンプで押したみたい。


ピアノに縁取り。


絞りみたいなものが。


どうなっているのかよくわかりません。


青い同心円。


フロアを駆け抜ける赤い線。


違う角度から見るとこんな感じ。


町中にも現れます。


両方同時に見ることはできない。


床に映る赤が美しい。


テープをべたべたと貼られたみたいになっている。


斜めからみるとこんな感じ。



Felice Varini氏のサイトでその他多くの作品を見ることができます。
Felice Varini 作品一覧

Felice Varini

・関連記事
エッシャーのだまし絵の世界を走り抜けるアウディA6のCMムービー - GIGAZINE

路上に描かれた立体的なトリックアート - GIGAZINE

日用品でクリエイティブなイメージを作る写真家「Chema Madoz」 - GIGAZINE

上が下、下が上の部屋のムービー - GIGAZINE

in アート, Posted by logc_nt