古風なサムライがサイバーパンクな都市を駆け抜けその手につかむ意外すぎるものとは?


攻殻機動隊シリーズに登場しそうな人型のロボットが存在するブレードランナーの舞台なのではと見まがうような近未来都市で、なぜかメチャクチャ古風なサムライたちが何かを求めて一心不乱に駆け抜けるムービーが「Last Orders」です。世界中の広告ムービーを集めているYouTubeチャンネルのThe Hall of Advertisingが公開しています。

Murphy's Irish Stout - Last Orders (1997, UK) - YouTube


ネオンが怪しげに光る近未来都市


攻殻機動隊シリーズに登場しそうな機械人形がどこかへ運ばれていきます。


片足を義足化している男性が……


大砲の側に歩み寄り……


ドカンとぶっ放して豪快に鐘の音を鳴らします。


この鐘の音が都市中に響きわたると……


わらじを履いた何者かが走り出します。


近未来風の都市に似つかわしくないバリバリ古風な着物に身を包んだサムライが登場。


マンホールの下から都市に姿を現わします。


大渋滞の中……


信号の上にサムライの姿を発見。


どうやら別のサムライのようです。


このサムライもまた駆け出してどこかへ向かいます。


場面は変わり、高層ビルの一室でガラスに映る自分を見ながら化粧をする女性……


の目の前に「龍」と書かれた凧が登場。


凧まで使って一体どこへ向かっているのか……?


さらに、船でいずこかへ向かうサムライも。


鬼の形相で都市を駆け抜けます。


そんなサムライたちが辿り着いたのは……


1軒のアイリッシュパブ。


ズラリと並ぶ6人のサムライ。


ビッと指さした先には……


アイルランドのビールブランド「マーフィーズ」のアイリッシュ スタウト。


驚愕の表情を浮かべる地元ユーザーたち。


サムライたちは横並びになって……


マーフィーズのアイリッシュ スタウトを逆手に持って……


グビッと一気飲み。


これには顔面が半分義体化したおじさんも……


チュインチュインと目が離せなくなってしまいます。しかし、サムライたちはそそくさと退散。


そしてパブのマスターが腕時計を確認すると、再び都市中に鐘の音が響きわたり……


同時にお店は閉店してムービーは終了。


このムービーは1997年にアイルランドのビールブランド「マーフィーズ」のTVCMとして使用されたもので、監督は「BLOOD THE LAST VAMPIRE」の北久保弘之さん、キャラクターデザインおよびアニメーション監督は「攻殻機動隊 ARISE」や「攻殻機動隊 新劇場版」の黄瀬和哉さん、制作はProduction I.Gが担当しています。

ニコニコ動画上にも同様のムービーの低画質版が公開されており、こちらに書かれた説明によると、レイアウトを竹内敦志さん、美術監督を小倉宏昌さんが担当しているそうです。

【激レア】プロダクションI.G製作・海外向けCM「さむらいとビール」 by ニックネーム アニメ/動画 - ニコニコ動画


なお、Last Ordersで6人のサムライたちが飲んでいるマーフィーズ アイリッシュ スタウトは、Amazon.co.jpで1本629円で販売されています。

Amazon.co.jp: マーフィーズ アイリッシュスタウト 缶 500ml: 食品・飲料・お酒

・関連記事
「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」を現在の技術で作ったファンムービー「Project 2501」 - GIGAZINE

あの座頭市が謎の特殊忍者軍団と超絶アクションを繰り広げるムービー「ZVP」が日本のクリエイターの底力を世界にまざまざと見せつける圧巻のクオリティ - GIGAZINE

「攻殻機動隊」という器はいろいろなものを吸収できる、攻殻機動隊 新劇場版の黄瀬和哉総監督&脚本担当・冲方丁さんにインタビュー - GIGAZINE

「『攻殻機動隊 新劇場版』が新たな種を生んだ」、プロダクション I.G石川光久社長に話を聞いてきた - GIGAZINE

「Production I.G」はどうやって制作する作品を選んでいるのか - GIGAZINE

in 動画,   アニメ, Posted by logu_ii