マクラーレン・ホンダが戦った2017年F1の舞台裏に完全密着したAmazon独占ムービー「GRAND PRIX Driver」


世界最高峰のモータースポーツであるF1は、最新のテクノロジーが結集する戦いの場であり、車両開発はもちろんサーキット内外でのドライバーやチームの活動は、秘密のベールに覆われています。フェラーリに並ぶ名門チームであるマクラーレンは、2017年は「チーム創設以来最も苦しいシーズン」を送りましたが、その舞台裏を1年間にわたって追いかけ続けたドキュメンタリー「GRAND PRIX Driver」がAmazon Primeビデオで独占配信されます。マクラーレンのレース活動にかつてないレベルでのアクセスが許されたという全4回にわたるドキュメンタリーの公式トレーラームービーが公開されました。

GRAND PRIX Driver - Official Trailer [HD] | Prime Video - YouTube


サーキットを疾走するマシン。


2017年シーズンに向けてスペイン・バルセロナでテスト中のマクラーレン・ホンダMCL32。2017年シーズンは、サーキットに映えるオレンジカラーに変更されました。


「どんなミスでさえ、エンディングにつながり得る」のがF1の世界。ナレーションを務めるのは、ハリウッド俳優のマイケル・ダグラスです。


イングランドのサリー州ウォーキングにあるマクラーレンの拠点。


輝かしい歴史を作り上げてきた数々のマシンが展示されています。


エンジニアや……


チームや……


発表会など、これまでにないレベルでマクラーレンの姿を撮影することが許されました。


マクラーレンの正規ドライバーとして新加入したストフェル・バンドーン。


プロモーション用の写真撮影中の模様。


マクラーレンは過去8回のコンストラクターズタイトルを獲得した名門中の名門。


しかし2012年に7勝を挙げて以来、勝利から遠ざかっています。


ワールドチャンピオン2回のフェルナンド・アロンソにとって、マクラーレンでのレースは我慢の年が続きます。


若いバンドーンもまた同じ道をたどるのでしょうか……?


チャンピオンがチャンピオンを育ててきたのがマクラーレンの伝統。わき上がる疑問は常に「いつになったらマクラーレンは復活勝利を挙げるのか?」


「WAR ROOM(戦いの部屋)」とは一体どんな部屋なのか?


映像は再び開幕前のテストへ。


ホンダとのタッグも3年目。2017年は勝負の年。


ドライバーにここまで迫ったドキュメンタリーはないとのこと。


「最初にして最大の敵はチームメイト」


勝利を求めてマクラーレンチームの格闘に終わりはありません。


チームを束ねるのはザク・ブラウン。


「競争できる。やるだけだ」


開幕前のテストがひたすら続くカタロニアサーキット。


激しいトレーニングを行うバンドーン。


テストは順調なのでしょうか?それとも……。


GRAND PRIX Driverは全4回にわたってマクラーレンの戦いの軌跡を追いかけます。


パワーユニットを担当し共に戦うのはホンダ。かつて栄光をともに勝ち取った最高のタッグは、物別れに終わることになります。マクラーレンとホンダの関係の描かれ方にも注目が集まりそうです。


F1で最も成功したチームにおける1年の戦いをかつてない至近距離から見つめ続けた「GRAND PRIX Driver」は、Amazon Primeビデオで2018年2月9日から配信開始されます。

・関連記事
ホンダがF1にエンジンサプライヤーとして復帰し「マクラーレン・ホンダ」チームで戦うことを正式発表 - GIGAZINE

希代の名車「マクラーレンF1」のマニュアルに隠されていた小さなヒミツ - GIGAZINE

5億円以上の価値を持つ「マクラーレン・F1」のメンテナンスには20年前のCompaq製ノートPCが不可欠と判明 - GIGAZINE

世界最速のマシンを作るF1チームのファクトリーで行われる最先端の技術開発競争の実態 - GIGAZINE

F1は実車よりもeスポーツ(ゲーム)の方が盛り上がっている - GIGAZINE

F1マシンの進化の歴史が1分間でわかるムービー - GIGAZINE

104年前のカメラを使って現代のF1グランプリの様子を撮影するとこうなる - GIGAZINE

2009年のF1用にトヨタが開発したF1マシン「TF109」の組み立てムービー - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by logv_to