パンケーキ&店内空間全体が「インスタ映え」というカフェ「Pamplemousse(パンプルムゥス)仙台」に行ってきた


2017年の流行語大賞を受賞した「インスタ映え」は、SNSでの口コミを広げるために重要な要素になっています。仙台に「店内全体がインスタ映え」というインスタグラマー御用達のカフェ「Pamplemousse(パンプルムゥス)」があると聞きつけたので、さっそく「アヒルちゃん」であふれる独自の世界観を体験してきました。

Pamplemousse (パンプルムゥス) 仙台店 カフェ、ランチ、パンケーキ、お酒・おつまみメニューもあります。
http://akashia-mitsubachi-youhoujou.com/pamplemousse-sendai/info/

Pamplemousse(パンプルムゥス)仙台店の住所は、「仙台市青葉区中央1丁目7-18 日吉第一ビル3F


JR仙台駅から徒歩5分の場所にあるビルの3階にあります。


開店は11時ですが、30分ほど早く到着してしまいました。店の前には誰も並んでおらず、ひっそりしていました。


待機していると、店員さんからメニューとともにカイロの差し入れ。12月の仙台とはいえビル内はそれほど寒くはありませんでしたが、ちょっとした心遣いに心が温まりました。


イラスト入りの手書きメニュー


パンプルムゥス仙台店の一押しメニューは「パンケーキ」。種類が多く、目移りしてしまいます。


アルコールメニューもあり。


開店前にお店にやってきた理由は、限定10食のランチメニューをゲットするため。2017年12月のランチは10食限定の「畑の見えるランチ」、「かぼちゃとほうれん草のクリームパスタ」、「ハンバーグシチュー」でした。ランチにはプラス200円でコーヒーなどのドリンクをセットできます。


11時にベスパが店頭に飾られて、お店がオープン。なお、11時時点では15人ほどが列をなす状態でした。


店内にも順番を待つためのイスが置かれています。パンプルムゥス仙台店は土日は特に混むようで、確実に早く入店するには予約しておく方が良さそうでした。


店内に入ると……


そこは、「アヒルちゃん」があふれる空間。


アヒルちゃんでぎっしりの瓶。


テーブル席にはシックな木製のイスや……


ソファなど、さまざま。もちろん、各テーブルにアヒルちゃんがいます。


お一人様なので、奥の窓沿いのテーブル席を選択。


卓上のアヒルちゃんたちが歓迎してくれました。


パンプルムゥス仙台店は、ジュニア野菜ソムリエ資格者など食のプロで作られた店だとのこと。食育に関する本などとともに……


絵本が店内の至る所に用意されています。


この日は、クリスマスパーティーをするファミリーたちもいました。大人から子どもまで楽しめる空間になっています。


オープンスタイルの厨房は外から見えるようになっています。


席について5分ほどで「畑の見えるランチ」(税別880円)が到着。開店前にあらかじめ注文しておいたのですぐに提供されました。


木製の器の「チキンライス」は、淡いケチャップ味に塩気の効いたウィンナーが入っています。


「大学芋」と「ソーセージトースト」


プレートに広げられた「いろどりサラダ」


ジャガイモとパプリカでできた「スマイリーポテト」


「お豆とツナのサラダ」。カレーで味付けされたウズラ卵には顔があります。


「白菜の豆サラダ」の枝豆にも顔。子どもが喜びそうな工夫が施されています。


「鶏肉の赤ワイン煮込み」は、大人の舌をうならせる程の深い味わい。


「白菜のクリームスープ」は、煮込まれた白菜がほぐれるほど柔らかで、体を芯から温めてくれました。盛りだくさんの「畑の見えるランチ」は、「食のプロフェッショナルたちで創り上げたお店」を自負するパンプルムゥスらしい、たしかな味と工夫の数々で、満足度はかなり高めでした。


パンプルムゥスに来た以上、「パンケーキ」を食べないわけにはいけません。パンケーキの到着を待っていると、パンプルムゥスとはなんぞやという記述が目にとまりました。パンプルムゥスは「ほっと一息つきたいときにぴったりの癒やしの空間」というわけです。


15分ほど待って到着したのは、ホイップクリームてんこ盛りの「いちご&バナナ&マウンテンクリーム」(税別1000円)。背景のアヒルちゃんたちを含めて、「インスタ映え」しまくりのパンケーキと言わざるを得ません。


ホットコーヒーも到着。


マウンテンクリームの標高は、iPhone 6sの全長を上回っています。


ホイップクリームにナッツ、いちご、バナナが添えられています。


圧倒的なマウンテンクリームに見とれていると、早くも雪崩が起こりそうな気配。


すぐさま攻略開始。ナイフを使おうかとも考えましたが、即効性を優先してフォークで攻めることに。


ホイップクリームをたっぷりと盛り付けると、パンケーキでよくあるぱさぱさ具合は解消されます。


切り口を見ると、約2センチメートルほどの厚みたっぷりのパンケーキでした。


食べ進めると、雪崩の危機。


固唾をのんで見守るアヒルちゃんたち。


雪山は崩壊しましたが、ホイップクリームを全体に塗り直せばOK。


たっぷりのランチを食べた後、そびえ立つ雪山を攻略するのはなかなかのチャレンジでした。


やりきったぞという達成感に満たされていると、「LINEともだち」追加特典のアイスクリームが到着。レーズンたっぷりのアイスとの格闘が始まりました。


パンプルムゥス仙台店は、料理だけでなく店内すべてが「インスタ映え」する、インスタグラマーにとってはよだれが出そうなすてきなお店でした。

・関連記事
5種類のパンから選べるフレンチトースト専門店の「Hug Frenchtoast cafe」でフワフワしっとりのフレンチトーストを食べてきました - GIGAZINE

「パンケーキ専門店Butter」でフカフカのパンケーキなど朝食限定メニューを食べてきました - GIGAZINE

フレンチトースト専門店「LONCAFE」のフレンチトースト7種を食べてきました - GIGAZINE

行列ができるフレンチトースト専門店「IVORISH」の大名本店で限定メニューをテイクアウトして食べてみました - GIGAZINE

できたてのパンケーキやドーナツのサンドイッチが食べられる「パティスリー キハチ アンド ルサンパーム」 - GIGAZINE

in 試食, Posted by logv_to