×
ソフトウェア

自動でムービーや画像を加工できる無料の高機能アプリ3種「Storyboard」「Selfissimo!」「Scrubbies - Video」をGoogleがリリース


コンピュータービジョン技術を使って実用的かつ便利なアプリを開発するGoogleのプロジェクト「appsperiments」の一環として、3つの新しいアプリ「Storyboard」「Selfissimo!」「Scrubbies - Video」がAndroid向けとiOS向けにリリースされました。

Research Blog: Introducing Appsperiments: Exploring the Potentials of Mobile Photography
https://research.googleblog.com/2017/12/introducing-appsperiments-exploring.html

appsperiments(アプスペリメンツ)とは、英語で「実験」を意味する「experiments」と「アプリ」をかけた造語で、文字どおり実験的なアプリを開発するプロジェクトにつけられた名称です。Googleは今回、同社が開発しているコンピュータービジョン技術のうち、物体認識、人物セグメンテーション、スタイライゼーションアルゴリズム、そして高効率な画像エンコード/デコード技術を使って、次の3つのアプリを開発しました。

◆ムービーからコマ割り済みの漫画ページを作成できる「Storyboard」(Android版のみ)
Android向けにのみリリースされた「Storyboard」は、カメラで撮影したムービーの中身をイラスト風に変換し、しかもまるで漫画の1ページのようなレイアウトに構成してくれるアプリ。使い方は簡単で、撮影したムービーをアプリに読み込ませると、ムービー内で重要とおぼしきシーンをアプリが認識し、自動でコマ割りをしてページレイアウトまで作成してくれます。処理はすべてアプリ内で行われ、気に入るページができるまで何度でもやり直しが可能。理論的には1兆6000億通りものページを作成できるとのことです。


◆ポーズをとると自動でシャッターを切ってくれる自撮りアプリ「Selfissimo!」(iOS版/Android版)
Selfissimo!は、自動で白黒のセルフィー(自撮り写真)を撮影してくれるアプリ。カメラの前でポーズをとると、シャッターチャンスを待ち構えるカメラマンのようにタイミングを見計らってアプリが撮影します。使い方は、アプリを起動して画面をタップして撮影を開始し、次々とポーズを繰り出すだけ。あとは、アプリが人の動きが止まったことを認識してシャッターを切ります。撮影した写真は個別保存・一括保存が可能。


◆ループするムービーを簡単に作れる「Scrubbies - Video」(iOS版のみ)
Scrubbies - Videoまたは単に「Scrubbies」は、撮影したムービーの再生速度を変えたり逆再生したりすることで、短いループ動画を作ることができるアプリです。アプリを起動してムービーを撮影し、あとは「DJがレコードをスクラッチするようにリミックス」することでループ動画を作成できるとのことです。


スマートフォンが普及したことで、いまや街じゅうで1000万画素クラスのカメラが使われており、日々膨大な量の写真や動画コンテンツが生みだされています。Googleではコンピュータービジョン技術を使うことで、そのようなコンテンツを単なるデータではなく、その背景にある意味をも持たせることを目的としているとのこと。GIGAZINEではこれらのアプリの速攻レビュー記事をこの後掲載する予定なのでお楽しみに。

・関連記事
AIが自動でプロ並みのムービー編集&加工をしてくれる「Story Remix」をMicrosoftが発表、3Dを使ったムービーも簡単に作成可能 - GIGAZINE

シャッターを切るだけでGIFアニメじゃない無限ループ動画が作成できる「Boomerang from Instagram」 - GIGAZINE

人工知能で静止画から動く映像を生成することに成功、ただし結果はちょっとグロい部分もアリ - GIGAZINE

カメラを固定しなくても滑らかでスピーディーなタイムラプス映像を作れる技術「Microsoft Hyperlapse」をMicrosoftが開発 - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア, Posted by logx_tm