ブラックサンダーが銘菓「あん巻き」と一体化して昇華した「ブラックサンダーあん巻き」を食べてみた


マックフルーリースシローのパフェなどさまざまなデザートとコラボしているブラックサンダーが、今度は愛知県・豊橋銘菓の「あんまき」と一体化しました。和菓子との組み合わせによってブラックサンダーが一体どう変化するのか……?ということで、実際に購入して食べてみました。

お亀堂 | 豊橋を中心に、東三河の和菓子の老舗。日本の伝統を大切にしておもてなしの心を届けます。
http://www.okamedo.jp/


これが編集部に到着したブラックサンダーあん巻き。


原材料名を見てみたところ、卵や砂糖と並んでブラックサンダーがそのまま原料として並んでいました。


箱を開けてみると豊橋銘菓「あんまき」の説明が入っており……


その下にはブラックサンダーの稲妻マークが刻印されたブラックサンダーあん巻きが入っていました。


全長123.8mmのiPhone SEと比較してみたところ、サイズはこのくらい。


裏返してみると、隙間からチョコレートのようなあんこのようなものがチラッと見えていました。


食べてみると、舌で「お、チョコレートクリームだ」と思ったすぐあとにブラックサンダー特有のざくざくした食感。お菓子のコラボの中には「風味が感じられるような……」というさりげない仕上がりのものも存在しますが、ブラックサンダーあん巻きは惜しみなくブラックサンダーの存在感をアピールしています。あん巻きの生地はしっとりもっちりとしており、ザクザク食感との対比がユニークで、和菓子と洋菓子が一体化して見事に昇華しています。


食べ進めていくと、見覚えのあるクッキーもごろごろ入っていました。


生地はこんな感じ。どら焼きの生地よりはややもっちりしています。


「どのくらいの再現度か確かめないと」ということで比較用のブラックサンダーも購入したのですが、食べる間もなくブラックサンダーでした。


なお、ブラックサンダーあん巻きは1個120円、4個入り480円で愛知県・豊橋駅内の4店で扱っているとのことですが、電話で問い合わせて注文することも可能。電話注文の場合は10個単位での受け付けで、別途配送料と代引手数料がかかります。

・関連記事
江戸時代からの知立名物和菓子「あんまき」試食レビュー - GIGAZINE

「ブラックサンダー」のザクザク食感を再現した「マックフルーリー ブラックサンダー」はまさに「冷たい雷神」 - GIGAZINE

餅風グミの食感ときなこ風味が新しい「もちもちブラックサンダーきなこ」を食べてみた - GIGAZINE

「お嬢様、デザートですわよ!」ということで少し贅沢になった「ブラックサンダーティラミス」を食べてみた - GIGAZINE

「ブラックサンダーパフェ」がスシローから登場、豪快すぎる見た目のパフェの味を確かめてみた - GIGAZINE

・関連コンテンツ

352

in 試食, Posted by logq_fa