試食

「ブラックサンダーパフェ」がスシローから登場、豪快すぎる見た目のパフェの味を確かめてみた


「みんな大好きブラックサンダーとスシローが夢のコラボ!」ということで、チョコレートの濃厚な甘みにイチゴの甘酸っぱさが重なる「ブラックサンダーパフェ」を2017年2月8日(水)からスシローがスタートさせています。同時に、トリュフとフォアグラを使った「国産黒毛和牛ロッシーニ風」など黒をテーマにした「黒うま祭」やイチゴづくしのデザートも始まっているので、実際にスシローで食べてきました。

NEWS | 【2/8(水)~】ついに実現!夢のコラボ!ブラックサンダーパフェ | 寿司(すし)・回転寿司 スシロー
https://www.akindo-sushiro.co.jp/news/detail.php?id=486

NEWS | 【2/8(水)~】どれもこれもスシローのお墨付き!黒うま祭 | 寿司(すし)・回転寿司 スシロー
https://www.akindo-sushiro.co.jp/news/detail.php?id=488

NEWS | 【2/8(水)~】大満足の、苺づくし! | 寿司(すし)・回転寿司 スシロー
https://www.akindo-sushiro.co.jp/news/detail.php?id=485

スシローに到着。


席につき……


タッチパネルのメニューを見てみると、確かに「デザート ドリンク」のところにブラックサンダーパフェがありました。注文します。


パフェが回転レーンにのってやってくるのか……?と思いきや、店員さんの手で運ばれてきました。これがブラックサンダーパフェ(税抜280円)


全長123.8mmのiPhone SEと比較するとこのくらいの高さです。


パフェの上に、ブラックサンダーがどーんとのっている豪快な見た目。


カップ側面を見てみると、チョコレートソースやスポンジなどが確認できました。


アイスクリームはチョコレートとストロベリーの2種類。


ということで、まずはパフェ上部の部分をすくって食べてみると、半分凍ったイチゴの甘酸っぱさやアイスクリームの甘さ、ホイップクリームのまろやかさなどが感じられました。


さらにパフェを掘って中を探ってみると、中に入っているのはアイスクリームではなく、ホイップクリームとチョコレートのムースのようなもの。……が、ブラックサンダーの風味や、あのサクサクした食感などはありません。


さらにさらに掘り進めてみると、中からふわふわのスポンジケーキが登場。チョコレートソースがたっぷりかかっており、チョコレート好きにはうれしいところですが、ここにもブラックサンダーの要素はなし。


ということで、ブラックサンダーパフェは砕いたブラックサンダーが混ぜてあったり、ブラックサンダーを意識した風味や食感がパフェの中にあるのではなく、「パフェの上にブラックサンダーを豪快にのせた」という大胆にしてシンプルなパフェでした。ブラックサンダーはスプーンで崩すことができないので、片手でブラックサンダーをかじりつつ、もう片手でイチゴやアイスクリームを食べてチョコとイチゴのハーモニーを楽しむ、というわけです。


・2017年2月8日(水) 13:17 追記
ということで、「黒うま祭」のお寿司6種類も注文。


まずは「国産黒毛和牛ロッシーニ風」(税抜280円)を食べてみたところ、思わず「すばらしくおいしい……」と声が漏れるほどの仕上がり。ローストビーフのように少しあぶられた柔らかな和牛の上にはフォアグラの塊がのっていて、口の中でとろりととろけていきます。トリュフの香りは感じられるものの薄めで、あくまで主役は和牛とフォアグラという贅沢なお寿司でした。


「ほたるいか黒づくり」(税別100円)は甘くてコクのあるイカスミの味が十分に楽しめる一品。骨や目玉の硬さもなく、ホタルイカ自体も柔らかく仕上げられていました。


甘い醤油たれが使われた「うな肝黒軍艦」(税別100円)は肝の味や食感があるものの、臭みがまったくなく、肝が苦手な人でも食べられるお寿司。


「のりのり黒巻」(税別100円)は「ごはんですよ」をのり巻きにした感じで、のりづくしでした。


「ジャンボブラックタイガー」(税別180円)は肉厚で食べごたえがあります。


「のどぐろ炙り」(税別180円)はプリプリした半生の身に脂がしっかりのっていて、炙りによる香ばしさがアクセントになっていました。


また、「新味!ぶりブラックラーメン」(税別280円)も注文。


新味!ぶりブラックラーメンは真っ黒な見た目に反して、濃すぎず薄すぎずの適度な醤油味。スープには豚骨スープやぶりのアラを炊き出したスープが使われているとのことですが、豚骨のこってりさや魚の風味が強いわけではなく、鶏ガラがべースのあっさりした仕上がりです。


ぶりはしっかり火が通っていますが、柔らかな食感です。280円という価格ながらしっかりお腹にたまるラーメンでした。


さらに、「フレッシュ苺のメルバ」(税別180円)と「いちご大福」(税別100円)も注文。


フレッシュ苺のメルバはイチゴのアイスクリーム、ホイップクリーム、スポンジ、イチゴという「ブラックサンダーパフェでも見たような……!」と思ってしまう組み合わせでしたが、ブラックサンダーパフェとは違い、イチゴは冷凍ではなくフレッシュなものが使われていました。


いちご大福(税別100円)は半分ほどにカットした大福の上にホイップクリームとイチゴがのっています。北海道あずきを使用したあんこは上品な甘さで、ほのかに塩気も感じられる大福なので、酸味のあるイチゴと組み合わせると、パフェに比べて甘さ控えめなデザートとなっていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ブラックサンダーの「義理チョコショップ」で高級感漂う「生ブラックサンダー2016」などを買って食べてみました - GIGAZINE

ルマンドをラングドシャで作ったらこうなった、という「ラングレイス」 - GIGAZINE

100年以上積み重ねた森永チョコレート技術の神髄が味わえる粉末チョコレートなど「TAICHIRO MORINAGA」全チョコ制覇 - GIGAZINE

明治製菓の「56種類のチョコレート」を命がけで全部食べてみた~前編~ - GIGAZINE

日本一巨大なパフェ、コロンビアの「富士山」完食にチャレンジ - GIGAZINE

アイス約8リットルを使用したコロンビアの巨大パフェ「富士山」にリベンジ~富士山に再登山編~ - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.