CIAがウサマ・ビン・ラーディンに関する資料47万件・321GBの公開を発表、サイトは一時的に公開停止


国際的テロ組織アル・カーイダの指導者の1人で、2011年にパキスタンでアメリカ軍によって殺害されたウサマ・ビン・ラーディンのコンピューターに保存されていたデータの公開をCIAが発表しました。データは47万件・321GBにもおよび、CIAはデータの取扱いについて「マルウェアを完全に除外したわけではないので注意を」と添えているのですが、2017年11月2日11時時点では「技術的問題の解決のため公開ペンディング」と表示される事態となっています。

CIA Releases Nearly 470,000 Additional Files Recovered in May 2011 Raid on Usama Bin Ladin’s Compound — Central Intelligence Agency
https://www.cia.gov/news-information/press-releases-statements/2017-press-releases-statements/cia-releases-additional-files-recovered-in-ubl-compound-raid.html

CIA releases 321 gigabytes of Bin Laden’s digital library, Web cache crap | Ars Technica
https://arstechnica.com/tech-policy/2017/11/cia-releases-321-gigabytes-of-bin-ladens-digital-library-web-cache-crap/

CIAは日本時間で2017年11月2日午前1時41分に「本日、2011年にパキスタン・アボッターバードのウサーマ・ビン・ラーディン宅奇襲の際に回収されたおよそ47万件のファイルを公開した」というツイートでデータ公開を発表しています。


日本時間の11月2日午前11時現在、ツイートに記載されているリンクをクリックすると以下のようにページの公開が延期され、CIAのトップページにリダイレクトされる状態となっています。


CIAによると、含まれているデータは文書や画像、動画、音声データなどで、中身はアル・カーイダ(アルカイダ)のプロパガンダ資料やその原稿、息子であるハムザ・ビン・ラーディン容疑者を写したホームビデオなど。その他にも数々の「ゴミファイル」が含まれているとも発表されています。

・Usama Bin Ladin’s personal journal and more than 18,000 document files.
・Approximately 79,000 audio and image files, which include practice reels for public speeches, audio correspondence, and imagery gathered or generated by al-Qa‘ida for a variety of purposes.
・More than 10,000 video files, which include a video of Hamza Bin Ladin as a young adult, al-Qa‘ida "home videos," draft videos or statements by Usama Bin Ladin, and jihadist propaganda.

(訳)
・ウサーマ・ビン・ラーディンの個人的な記録および1万8000件以上のドキュメントファイル
・約7万9000件の音声および画像ファイル。これには演説の練習を録音したものや音声通話記録、アルカーイダが種々の目的のために収集した画像集が含まれる。
・1万件以上の動画ファイル。これには十代後半のハムザ・ビン・ラーディン氏やアル・カーイダの「ホームビデオ」、動画の草稿やウサーマ・ビン・ラーディン氏による声明、そしてジハーディストのプロパガンダが含まれる。


またCIAは、ファイルの扱いについて次のように注意を促しています。

The material in this file collection may contain content that is offensive and/or emotionally disturbing. This material may not be suitable for all ages. Please view it with discretion. Prior to accessing this file collection, please understand that this material was seized from a terrorist organization. While the files underwent interagency review, there is no absolute guarantee that all malware has been removed.

(訳)
このファイルに含まれるマテリアルには攻撃的かつ/または感情面に攻撃的なコンテンツが含まれます。このマテリアルは全ての世代の人に取ってふさわしいものではありません。細心の注意をもって閲覧してください。ファイルにアクセスする前には、このファイルがテロリスト集団から押収されたものであることを理解してください。CIAでの確認は完了していますが、全てのマルウェアが除去されたという確実な保証はありません。


さらに、次のような映画の動画ファイルやゲームファイルなど、著作権に抵触するコンテンツは権利保護のために非公開とされているとのこと。

Antz (「アンツ」)
・Batman Gotham Knight (「バットマン・ゴッサムナイト」)
・BBC Great Wildlife Moments (BBCの番組)
・Biography – Osama bin Laden (書籍)
・Cars (「カーズ」)
・Chicken Little (「チキン・リトル」)
・CNN Presents: World’s Most Wanted (CNNの番組)
・Final Fantasy VII (「ファイナルファンタジーVII」)
・Heroes of Tomorrow (「ネクスト・アベンジャーズ: 未来のヒーローたち」)
・Home on the Range (「ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え!」)
・Ice Age: Dawn of the Dinosaurs (「アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの」)
・In the Footsteps of bin Laden – CNN (CNNの番組)
・National Geographic: Kung Fu Killers (ナショナルジオグラフィックの番組)
・National Geographic: Inside the Green Berets (ナショナルジオグラフィックの番組)
・National Geographic: Predators at War (ナショナルジオグラフィックの番組)
・National Geographic: World’s Worst Venom (ナショナルジオグラフィックの番組)
・Peru Civilization (?)
・Resident Evil (ゲーム「バイオハザード」?)
・Storm Rider – Clash of the Evils (アニメ「風雲決 ストームライダーズ」)
・The Kremlin from Inside (テレビ番組?)
・The Story of India (テレビ番組?)
・The Three Musketeers (映画「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」)
・Where in the World is Osama bin Laden (コメディ・ドキュメンタリー映画)

また、国防に関する重要なファイルも公開は行われていないとのこと。実際にどのようなファイルが含まれているのか気になるところですが、サイト公開が停止されている状態ではいかんともしがたい状況。ファイルの中にはポルノ作品が含まれているともいわれており、その中身について世間が騒ぐという一件もありました。

ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/09/av-1.php

なお、今回公開されるファイルは2017年1月までに数度にわたって公開されていたファイルに大幅に追加されるものとのことです。

Bin Laden's Bookshelf
https://www.dni.gov/index.php/features/bin-laden-s-bookshelf

・関連記事
ビンラディンが読んでいた本のリストをアメリカ政府が公開 - GIGAZINE

9.11テロの首謀者とされるオサマ・ビンラディン容疑者が死亡したと報道、オバマ大統領が演説へ - GIGAZINE

ビンラディン死亡、ホワイトハウス前で「USA!USA!」の大合唱で大騒ぎ中のムービー&フォトまとめ - GIGAZINE

数々のテロ事件の首謀者とされるビン=ラディン容疑者の名前をワシントン行きファーストクラスの搭乗券で発見 - GIGAZINE

ビン・ラディン襲撃作戦に使用されたというサブマシンガン「MP7」のガスガンを連写する様子を撮影してきました - GIGAZINE

168

in ネットサービス,  メモ, Posted by logx_tm