ゲーム

「存在が幻」といわれるほど超レアな日本のPCゲームがコレクターのプライベートフォルダから大量に発掘される



実物をほとんど誰も見たことがないという「幻のゲーム」が突如として発掘され、プレイムービーがYouTubeに投稿されています。この「幻のゲーム」は、実はゲームコレクターのプライベートフォルダに上げられていたもので、70タイトルも眠っていたとのことで、ゲームを公開した人は「貴重なゲームは保存していくべきだ」という考えから、今後も続々と発掘・公開を行うと公言しています。

Lost Japanese game Labyrinthe released – and more are coming | The Obscuritory
https://obscuritory.com/blog/lost-japanese-game-labyrinthe-released/


70 Long-Lost Japanese Video Games Have Been Discovered in a 67GB Folder of ROMs on a Private Forum - Motherboard
https://motherboard.vice.com/en_us/article/a3anja/labyrinthe-japanese-game-discovered-on-private-forum


「ホラーツアー3 ラビラーント(Zeddas 3:Labyrinthe)」は1996年もしくは1998年にキャラバン・インタラクティブがリリースしたWindows向けのアドベンチャーゲームです。正確なリリース日は不明で、これまで実物を見かけたという報告はなく、唯一ヤフー!オークションで2005年に落札されていたことが確認されているのみ。Amazon.co.jpには「ホラーツアー3 ラビラーント」のページが存在し、パッケージの画像こそ登録されていますが、販売されている状況になったことは一度もなく、在庫切れのままになっています。日本のゲームショップやオークションを探し回ってもソフトの現物が全く出てこないため、海外のPCゲームファンの間では「『ホラーツアー3 ラビラーント』はリリースされていない幻のゲームなのではないか」とささやかれていました。

Amazon | ホラーツアー3 ラビラーント | PCソフト | ソフトウェア


しかし、2018年6月4日に突如として「ホラーツアー3 ラビラーント」をプレイする様子が、ダウンロードリンクと共にYouTubeに公開され、一部のゲームファンを驚かせました。以下のムービーがSaint氏が公開した「ホラーツアー3 ラビラーント」のプレイムービーです。

[ENGLISH] Zeddas: Horror Tour 3 / Labyrinthe - YouTube


コメント欄でのSaint氏の説明によると、もともとこの「ホラーツアー3 ラビラーント」はSaint氏が入手したものではなく、あるゲームコレクターのコレクションの1つだとのこと。コレクターは自分の所有しているゲームをクラウドストレージにアップロードし、そのリンクを会員制のトレントトラッカーサイトで公開していたとのこと。コレクターは公開しているフォルダを二つに分けていて、「『DO NOT UPLOAD(アップロード禁止)』フォルダに入っているゲームは絶対外に流してはいけない。流すとゲームのアップロード自体をやめる」と宣言していたそうです。


「DO NOT UPLOAD」フォルダには他にも70本を超える日本のPCゲーム、さらにいくつかのムービー・文書などの資料が納められていて、フォルダの容量は68GBもあったとのこと。コレクターは自分のコレクションの一部をオークションサイトのeBayで売っていたそうで、Saint氏は「彼が貴重なゲームを絶対に外部へ漏らすなと主張するのは、ゲームの価値を落としたくないからだと思った」と主張しています。

また同じく会員制トレントサイトに身を置いていた匿名の人物からコレクションの存在とリンクを知らされたPhil Salvador氏は、これらの貴重なゲームはアーカイブに保存すべきだと考え、Internet Archiveに少しずつアップロードすると決めたとのことで、既に40以上のゲーム・ムービー・文書がアップロードされています。

philsalv archive.org Member


Salvador氏は「希少価値の非常に高いゲームをアーカイブできることはうれしく思いますが、このような形で入手することは健全ではありません。貴重なゲームを個人的に所有するコレクターと、貴重なゲームをネットにアーカイブしておきたいと考える人の関係はしばしば緊張したものになります。ゲームの文化史を保存するためには二者の間に信頼関係がなくてはなりません。今回のようなケースは時々見られるもので、ゲームの保存活動とは面倒なものなのです」と述べています。

なお、「ホラーツアー3 ラビラーント」のプレイムービーとダウンロードリンクを公開したSaint氏は「リンクを公開したことについて、コレクターは怒るかもしれませんが、私は特に気にしません」とコメントしています。

・関連記事
失われつつあるゲームの歴史を保存する運動に取り組む非営利団体「Video Game History Foundation」とは具体的にどんな活動をしているのか? - GIGAZINE

「ポケットモンスター 金・銀」の体験版データがリークされ製品版には登場しなかったポケモンの初期デザインが多数見つかる - GIGAZINE

CIAがMTGやポケモンカードゲームを参考に開発したエージェント訓練用カードゲームが機密解除され公開中 - GIGAZINE

ゲームソフトの中で使用されずに眠っている音楽や画像など大量の没データをまとめた「The Cutting Room Floor」 - GIGAZINE

世界で最も売れなかったゲーム機「ピピンアットマーク」はどうして失敗してしまったのか? - GIGAZINE

25年間リリースされることなく失われていたファミコンソフトがエミュレーターで復活 - GIGAZINE

都市伝説が本当に、「ビデオゲームの墓場」で史上最低ゲーム「E.T.」が発見される - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by log1i_yk