モバイル

Androidの生みの親が「謎のモッコリつき」の最新スマホの画像を投稿、5月30日に何かが発表される


Androidの生みの親の1人である開発者のアンディ・ルービン氏が、5月30日に発表されるとみられる最新スマートフォンの画像を投稿しました。かねてからiPhoneの強力なライバルになるとうわされていた端末なのですが、端末の上部に謎の膨らみがあることで話題となっています。

Android co-founder Andy Rubin will likely debut his new Essential smartphone May 30th - The Verge
https://www.theverge.com/circuitbreaker/2017/5/25/15692044/essential-andy-rubin-new-android-smartphone-teaser-may-30

Androidの創業者の1人であるルービン氏はGoogleを退社後、Essentialという会社を設立しスマートフォンの開発を行っていました。2017年3月には「これをどのように仕上げるか、本当にわくわくしています。多くの人に手に渡ってほしい」という内容を、スマートフォンの写真とともにツイート。Essentialは多くの資金を得てハイエンドデバイスを開発しているとうわさされており、写真に写っているベゼルのほとんどないスマートフォンが開発中の端末だと見られています。


Essentialには「ソフトバンクが投資を行っている」といううわさがあり、2016年3月20日にウォール・ストリート・ジャーナルはソフトバンクが計画していた1億ドルの投資を取りやめたという内容を報道。一方で、報道の後にルービン氏は孫正義氏とのツーショット写真を「#StayingAlive(#まだ生きているよ)」というハッシュタグ付きで投稿していました。


なお、Googleの元CEOであるエリック・シュミット氏はEssentialのスマートフォンがAndroidを搭載していることを示唆しています。


そのEssentialが、2017年5月26日に「5月30日に大きなことを発表する」ということをツイート。


さらに端末写真らしきものの画像を投稿したのですが、スマートフォンの上部に謎の膨らみがついています。


この膨らみは一体何だ?ということで、CNBCのテクノロジー・プロダクト・エディターであるTodd Haselton氏が画像を分析してみたところ、360度カメラであるという説が浮上。


2017年4月12日には、ルービン氏がTwitterに360度カメラのテスト画像を投稿していることからも、上記のような予測がされているわけです。


なお、ルービン氏は現地時間の2017年5月30日(火)にRecodeのカンファレンスで講演予定となっているので、ここで何らかの発表があるものと見られています。

Code Conference 2017 | Media & Tech Conference | Recode | Recode Events
https://events.recode.net/events/code-conference-2017/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Androidのとどまるところを知らない進化の過程を一挙に振り返るとこうなる - GIGAZINE

世の中のAndroid端末がどれだけ細分化しているのか可視化するとこうなる - GIGAZINE

30代後半や50代からでもソフトウェア開発者になるのには遅くないという10人の実例 - GIGAZINE

iPhoneアプリの作り方講座で生徒の年収がなんと5倍に - GIGAZINE

仕事を全自動化して6年間も働かず年収1000万円を得ていたプログラマーが最終的にクビに - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.