ソフトウェア

iOS版Chromeがオープンソース化される


iOS版のChromeアプリ「Chrome for iOS」がオープンソース化され、Chromiumプロジェクトに完全移行することになりました。

Chromium Blog: Open-sourcing Chrome on iOS!
https://blog.chromium.org/2017/01/open-sourcing-chrome-on-ios.html

GoogleによるとiOSプラットフォームではブラウザはレンダリングエンジンWebKit上で構築されなければならないという制約があるとのこと。Google Chromeでは基本的に自社のレンダリングエンジンBlinkを使っているため、Chrome for iOSではBlinkとWebKitの両方をサポートする必要があり、このせいでコードが複雑化していたとのこと。

この複雑な問題をChromiumプロジェクトに持ち込みたくなかったGoogleは、Chrome for iOSのコードをより上流に組み込む作業を続けていたそうで、ついにこのアップストリーム作業が完了したため、Chrome for iOSがオープンソース化されChromiumプロジェクトに追加されました。

Chrome for iOSがChromiumプロジェクトに追加されたことで、ソフト開発者はChromiumのソースコードからiOS向けのChromiumをコンパイルできることになります。Chrome for iOSのすべてのテストがChromiumコミュニティで利用可能になり、コードをChromiumにチェックインすると自動的にテストが行われるようになるため、開発速度が上がるとGoogleは述べています。

・関連記事
「WebKit」と「Blink」の開発が分岐する前後の状況をまとめたグラフ - GIGAZINE

Google Chromeからプライバシーを侵す機能を全削除したブラウザ「ungoogled-chromium」 - GIGAZINE

Chromeアプリにウェブやムービーなどをオフラインで事前にダウンロードして閲覧できる新機能が登場 - GIGAZINE

iPhone/iPadからPCをリモート操作できるiOS版「Chrome Remote Desktop」を使ってみた - GIGAZINE

2016年10月版・ブラウザ性能ベンチマーク対決「Chrome対Firefox対Edge」の勝者は? - GIGAZINE

Mac対応で超絶シンプルなデザインのChromiumベースのブラウザ「応量器」 - GIGAZINE

GoogleのAndroidとChrome OSを統合させた新OS「Andromeda」が複数端末から登場? - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア, Posted by logv_to