取材

憧れのアイドルが目の前で熱唱ライブを繰り広げて歓喜&興奮マックスのPS VR「デレマス」を体験してきた


ゲームにアニメにライブにさまざまなコンテンツで活躍している「アイドルマスター シンデレラガールズ」が、PlayStation VR(PS VR)用のコンテンツ「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」として2016年10月13日に登場します。PS VRを使って憧れのアイドルたちが歌って踊る様子を目の前で体感できる夢のようなコンテンツになっているよとのことなので、実際にどんなものなのか体感してきました。

アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション|バンダイナムコエンターテインメント公式サイト
http://cinderella.idolmaster.jp/dere-viewingrev/

「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」をプレイするために、東京ゲームショウ2016のPlayStationブースにやってきました。


プレイするにはPS VRを装着して……


手にはPlayStation Moveを2本持ちます。


こんな感じで待機。


さっそくゲームがスタート。ステージは真っ暗で、奥には人影が……


キョロキョロ辺りを見渡すプレイヤー(プロデューサー)。


体験したのはアイドルマスター シンデレラガールズの代表曲である「お願い!シンデレラ」。音楽に合わせてサイリウム(PlayStation Move)を振り出すプロデューサー。


シンデレラたちがステージに登場した瞬間、プロデューサーは大歓喜。


目の前には複数人のシンデレラたち。


プレイ時は曲に合わせて合いの手を入れながら、とにかくステージを楽しめばOK。


アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューションではライブ会場の奥からたくさんのプロデューサーたちとライブを盛り上げたり……


会場の最前列からアイドルたちを間近に感じたり……


いろんな角度からライブステージを楽しめます。


目の前で踊るシンデレラたちの姿にプロデューサーなら感動を抑えることはできないはず。


ゲーム中で出てくるサイリウムは左右の手に最大4本づつセット可能で、これらはもちろん自由に設定可能。さらに、サイリウムは自由に切替えることもできます。


ゲームはアイドルマスター シンデレラガールズの1stライブ「THE [email protected] CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL [email protected]!!」が開催された舞浜アンフィシアターを舞台としているのですが、目の前で踊るのはキャラクターを演じた声優さんたちではなくキャラクターそのもの。


なお、ゲーム中では観戦する位置やプレイヤーの向きによって映像や音の聴こえ方が変わってくるようになっています。


実際にプレイしている様子は以下の通り。いつでもどこでも(?)憧れのシンデレラたちのステージが楽しめます。

「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」をプレイするとこんな感じ - YouTube


東京ゲームショウ2016のデモプレイでは「お願い!シンデレラ」が体感できたわけですが、本編版での収録曲と登場アイドルは以下の通り。

◆お願い!シンデレラ
島村卯月・渋谷凛・本田未央・神崎蘭子・小日向美穂・城ヶ崎美嘉・城ヶ崎莉嘉・多田李衣菜・三村かな子

◆Star!!
赤城みりあ・アナスタシア・緒方智絵里・新田美波・前川みく

◆Yes! Party Time!!
島村卯月・渋谷凛・本田未央・赤城みりあ・安部菜々

公開されたばかりの公式PVはこんな感じ。

PS VR「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」紹介PV - YouTube


なお、「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」は2016年10月13日(木)に配信開始で、ダウンロード価格は税込2480円です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
東京ゲームショウ2016開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

デレマス×サガンの「スターライ☆鳥栖☆ステージ」で大量のプロデューサーがベアスタに降臨 - GIGAZINE

アイマス・デレマス・ミリマスのアイドルマスター3種盛りな10周年記念フィギュア他、ワンフェス2016[夏]に登場したアイマスフィギュアまとめ - GIGAZINE

「アイドルマスター シンデレラガールズ」のフィギュアいろいろまとめ - GIGAZINE

アイドルマスターシンデレラガールズ双葉杏・高垣楓・城ヶ崎莉嘉ライブステージセットなどいろいろまとめ - GIGAZINE

in 取材,   動画,   アニメ,   ゲーム, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.