取材

オバケを吸込みまくる「ルイージマンション アーケード」&セガの新作音ゲー「CHUNITHM」


セガのブースでは「艦これ アーケード」の体験ブースが出展されていますが、ほかにもルイージマンション2をアーケードゲーム化した「ルイージマンション アーケード」や、人気音ゲーmaimai ORANGEの制作陣が作ったセガの新感覚音ゲー「CHUNITHM -チュウニズム-」といった新作アーケードゲームの体験ブースが設けられています。

ルイージマンション アーケード
http://www.capcom.co.jp/arcade/luigimansion-ac/


セガ新音ゲー【CHUNITHM -チュウニズム-】-株式会社セガ-
http://chunithm.sega.jp/


セガのブースは多くの人でにぎわっています。


艦これ アーケードの裏側へ回ってみると、「ルイージマンション アーケード」の筐体が2台設置されていました。


筐体の後ろには困り顔のルイージの姿があり、つい目を引かれるデザインです。



筐体の両端にはカーテンがかかっており、中に入ってプレイ可能。プレイ人数は2人までです。


中に掃除機型のコントローラー「オバキューム」があり、画面に向けて掃除機のボタンを押してテレサたちを吸込んでいきます。


筐体の後ろからも中を見ることが可能。


オバケまみれの屋敷を探検して、ニンテンドー3DSのルイージマンション2のアクションを体験できるというわけです。なお、「ルイージマンション アーケード」は2015年6月から稼働予定となっています。セガのブースで出展されていますが、カプコンのアーケードゲームとのことです。


また、セガブースにはほかにも音ゲーコーナーがあります。


行列ができていたのが、セガの新作音楽ゲーム「CHUNITHM」の試遊台コーナー。


筐体はこんな感じ。


鍵盤をたたく「GROUND SLIDER(グラウンドスライダー)」と、手の動きを検知する「AIR STRINGS(エアストリングス)」でリズムを刻む新感覚音ゲーになっています。最大4人でプレイ可能で、「アニメファン」「音ゲーファン」「ボーカロイドファン」「東方Projectファン」が楽しめるとのこと。稼働予定は2015年夏ごろを予定しています。


隣の一角にはmaimai ORANGEの試遊台もあるので、音ゲーが好きな人は、2月14日(土)の一般公開日に無料で体験することが可能となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「艦これアーケード」「モンスト」など最新アーケードゲームや音ゲーが遊び放題の「JAEPO2015」まとめ - GIGAZINE

カプコン史上初となるアーケード本格音ゲー「crossbeats REV.」実機レポ - GIGAZINE

あの「艦これ」がアーケードゲーム化、3Dの艦娘が敵艦隊と闘う「艦これアーケード」 - GIGAZINE

決してマリオに知られてはいけないルイージの秘密 - GIGAZINE

マリオやルイージがクッパ軍との戦争に赴く映画予告編パロディ動画「Inglourious Plummers」 - GIGAZINE

セクシー・キュート・超個性的など、ありとあらゆるコスプレイヤーでごった返しの「日本橋ストリートフェスタ2014」に行ってきました - GIGAZINE

あの任天堂が道場破りを募集している「任天道場」とは? - GIGAZINE

in 取材,   ゲーム, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.