取材

「アイドルマスター シンデレラガールズ」トークイベントはライブ付きで満員御礼


ソーシャルゲームとして始まった「アイドルマスター シンデレラガールズ」はアニメ化も決まっている人気作品です。そのシンデレラガールズに登場する双葉杏役の五十嵐裕美さん・諸星きらり役の松嵜麗さん・本田未央役の原紗友里さんが、徳島で2014年5月3日から5日まで行なわれている「マチ★アソビ Vol.12」でトークイベントを行ない、さらにはサプライズミニライブを敢行しました。

アイドルマスター シンデレラガールズ
http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/idolmaster/social_m/



司会を務めるのはアニプレックスの高橋祐馬さん。


客席は見渡す人でギッシリ。


シンデレラガールズの曲「お願い!シンデレラ」がかかると、お客さんのテンションは一気にヒートアップ。


五十嵐裕美さん・松嵜麗さん・原紗友里さんらが3人そろってステージに登場しました。


3人の登場に手を挙げないお客さんは皆無です。


さらには、アイドルマスター総合ディレクターの石原章弘さんが登壇。


手短にあいさつを済ませたところで、みなさん着席。会場もようやく落ち着きを取り戻します。


今回のトークショーは高橋さんがサイコロを持っていることからも予想のつくとおり、サイコロの目によってテーマが変わるサイコロトーク。「1」ならさいたまスーパーアリーナ(SSA)で行なわれたライブ「THE [email protected] [email protected] OF IDOL WORLD!!2014」について、「2」なら舞浜アンフィシアターで開催されたシンデレラガールズ初の単独イベント「THE [email protected] CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL [email protected]!!」、「3」ならシンデレラガールズのテレビアニメ化について。後ろ3つは、「4」が五十嵐裕美さん、「5」が松嵜麗さん、「6」が原紗友里さんに関するトークと振り分けられていました。


第1投は五十嵐さんが担当。


サイコロをエイヤッと転がすと……


1の目が出て、最初のテーマは「THE [email protected] [email protected] OF IDOL WORLD!!2014」に決定。


SSAのステージから見る世界は感動的だったと五十嵐さん。松嵜さんは他のメンバーに迷惑をかけないように、かつ負けたくもないのでメドレーの練習を頑張った話を披露してくれました。また、原さんからは「ミツボシ☆☆★」の歌詞の一部で「友情パッション」だと聞き取られている部分は実は「友情番長」であると明かされ、多くのファンは「そうだったのか!」と驚くような反応を見せていました。


続く松嵜さんのサイコロの出目は「2」で、「THE [email protected] CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL [email protected]!!」についてのトークへ。


舞浜アンフィシアターはSSAと比べると規模の小さい場所ですが、お客さんの顔がSSAよりもよく見えたりお客さんの暖かさを感じたりするなど、ライブハウスならではのメリットがあったそうです。小さいがゆえに関係者席もよく見えてしまうという側面があるものの、客席を見て平常心を保っていたとアイドルらしいエピソードも。


五十嵐さんは「THE [email protected] CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL [email protected]!!」のライブ中に涙を見せていました。それは悲しかったのではなく、福原綾香さん・佳村はるかさんらの成長を感じたこととすべてやりきったという達成感からのものだったと告白。これは松嵜さんも同じ思いがあったそうです。一方、原さんはライブタイトルが「1stLIVE」なので「2nd」があるかもと期待感を抱いていたとのこと。


その原さんがサイコロを振り出したのは4で、五十嵐さんに関する話題へ。五十嵐さんはパブリックイメージとは異なりかわいい一面をもつ女性で、顔には出さずに裏で努力するタイプだとのこと。その言葉に、五十嵐さんが少し恥ずかしがる場面もありました。


やはりみんなが気になるのは新しいアニメの話で、「3」の目が出て欲しいところ。そんな期待を受けて原さんが再度サイコロを振ると、見事「3」を出すことに成功。……どうやら、高橋さんが何か仕組んでいたようです。


シンデレラガールズのアニメ化自体は「THE [email protected] CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL [email protected]!!」で発表されましたが、発表時の会場は歓喜に包まれ、嬉しさのあまり泣き出すお客さんもいたほど。アニメ化前にCDやゲームコンテンツが展開されているわけではなく世界観を今から作ることになるので「アイドルマスター」より大変で、また多くの期待を寄せられていることからプレッシャーも感じているものの、ファンの声を取り入れつつ制作していくことになるそうです。

なお、トークイベントの最後にはミニライブが行なわれました。曲は「お願い!シンデレラ」の「徳島スーパースペシャルハピハピver.」です。


観客はサイリウムを片手に大きなコールをあげながら、大盛り上がり。


これにて、トークショーは終了。アニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」は2015年1月から放送開始予定となっています。

五十嵐さんはトークイベントの終了後、感謝のツイートをしていました。

松嵜さんもお礼のツイート。

五十嵐さんは「つきねこ」メンバーとしてマチ★アソビ Vol.1から参加しており、松嵜さんもマチ★アソビには何度か来ていますが、今回のイベントの人の多さを見ると、かつてパラソルショップで手渡し販売をしてもらえたのが夢だったかのように思えてきます……。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
アイマス「天海春香」とニセコイ「桐崎千棘」が観光案内してくれるロープウェイに乗ってみました - GIGAZINE

一日駅長が特急を見送るイベントで声優・徳井青空さんが駅長就任 - GIGAZINE

個人向けダンボール防音室「だんぼっち」の中で声優プロデューサーになってみた - GIGAZINE

撮影・録画OKという異例のアニメイベント「おへんろ。 ファーストステージ」 - GIGAZINE

2014年新作阿波おどりポスターは「Fate/stay night」のセイバーやアーチャーが阿波おどり - GIGAZINE

「健全ロボ ダイミダラー」の健全すぎる舞台裏をリッツ役の洲崎綾さんが語る - GIGAZINE

キルラキル・アイマス・おへんろ。などのイラストを船で巡る「橋の下美術館」 - GIGAZINE

「恋姫†英雄譚」などの美少女ゲームのキャラクターたちに360度包囲される「美少女ゲーム パネル展」 - GIGAZINE

監督や声優がファンと一緒に乾杯したら空から奇跡が降臨「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」の公開打上げ - GIGAZINE

コスプレした外国人女性がたった数分で肩こりを撃退してくれる「古式腱引き」を体験してみました - GIGAZINE

in 取材,   アニメ,   ゲーム, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.