ソフトウェア

Chromeより50%バッテリーが節約できる節電モードをOperaが搭載

By Carlos Vendramini

Operaが、新機能を試験的に実装する開発者向けブラウザ「Opera developer」に新しく節電モードを追加しました。Operaによると、節電モードを搭載するのは主要ブラウザの中でも初めてのことで、Chromeと比べて約50%もバッテリーを節約できるとのことです。

Power saving mode | Added to Opera Developer browser
http://www.opera.com/blogs/desktop/2016/05/introducing-power-saving-mode/

Opera developerを実際に使ってみたレビューは以下の記事から確認できます。

Chrome+広告ブロック機能よりも約45%高速化した広告非表示ブラウザ「Opera developer」を実際に使ってみました - GIGAZINE


Operaが64ビットのWindows 10で行ったテストによれば、節電モードをONにした状態のOpera developerはGoogleのChromeや通常版Operaよりも約1時間、49%もPCの動作時間が長くなったとのこと。節電モードにすると、バックグラウンドのタブの動作を抑え、JavaScriptのタイマーを最適化してCPU使用を減少させることが可能。また、使用していないプラグインを自動で停止させて、フレームレートを30fpsに減少させるなど、さまざまな方法でバッテリーを節約してくれるようになります。


節電モードを使用するには、Opera developerを起動してノートPCから電源アダプタを抜くと……


ブラウザのツールバーの右端に電池のアイコンが出現します。この電池アイコンをクリック。


小さなウィンドウが開かれたら、「Turn on to save battery power」の左にあるトグルをクリックします。


これで節電モードが起動しました。


なお、電源アダプタを抜かずに節電モードを使ったり、デスクトップPCで節電モードを使用したりするには、「設定」の「ブラウザ」にある「Always show power saver icon」にチェックを入れておくと、常時バッテリーのアイコンを表示させられ、好きなときに節電モードの切り替えが可能です。

・関連記事
無料でiPhone・iPadからVPNが使い放題になり広告ブロック&追跡ブロックも可能なOpera製アプリ「Opera VPN」 - GIGAZINE

匿名アクセスを可能にする「Tor」の前開発者がFBIのためにTorユーザーをハックするマルウェアを開発していたことが判明 - GIGAZINE

Operaが無料のVPNをブラウザネイティブで搭載へ、使い方はコレ - GIGAZINE

新ブラウザEdgeにデフォルトで広告ブロックが付くという報道をMicrosoftが否定 - GIGAZINE

ブラウザにウェブ広告ブロック機能が組み込まれた「Opera」のベータ版がリリースされたので使ってみた - GIGAZINE

Chrome+広告ブロック機能よりも約45%高速化した広告非表示ブラウザ「Opera developer」を実際に使ってみました - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse_log