メモ

日本を含む世界各国別に人気がある出会い系アプリまとめ


異性と気軽に出会える「出会い系アプリ」は、新しい出会いのツールとして世界中で使用されています。世界中でリリースされまくっている出会い系アプリは数え切れないほどの数があるのですが、BBCがAppAnnieから提供されたApp StoreおよびGoogle Playにおける出会い系アプリのダウンロード数に関するデータを公開しています。

BBC News - The Dating Game
http://www.bbc.co.uk/news/resources/idt-2e3f0042-75f6-4bd1-b4fe-9056540c65f8

◆世界
App StoreおよびGoogle Playでリリースされている出会い系アプリの中で最もダウンロードされているアプリを地域別に示したのが以下の図。ダウンロード数は「Badoo」が21カ国でトップ、続いて11カ国で「Tinder」が続いており、現状ではBadooとTinderの2強状態です。


◆北中米
アメリカとカナダでダウンロード数が多いのはTinderですが、メキシコではBadooという結果になりました。TinderはカナダのApp StoreおよびGoogle Playのライフスタイルカテゴリで10位に、アメリカで15位にランクインされているとのこと。


◆ヨーロッパ
ヨーロッパは西側と東側でTinderとBadooユーザーが別れるような結果になっています。ただし、ポルトガルとスペインではBadooがダウンロード数で1位。また、ドイツ製の「Lovoo」というアプリがTinderとBadooの2強を上回って、ドイツ・スイス・オーストリアでトップに立っています。


◆アジア
アジアはTinderとBadooが圧倒的力を持つ他の地域とは、少し違うマーケットになっています。インド・フィリピン・シンガポール・オーストラリア・ニュージーランドといった英語を使用する国ではTinderが人気で、タイ・マレーシア・インドネシアといった国ではBadooが人気。それ以外の国では、「Momo(陌陌)」が中国、「iPair Meet Your Match」が台湾、「Paktor」がベトナム、「Heartbeep」が韓国、「YYC」が日本でダウンロード数1位を獲得。中国・台湾・ベトナム・韓国・日本で1位を獲得した出会い系アプリは全てぞれぞれの国で開発されたアプリになっており、国産アプリが強い傾向が見られました。


◆南米
コロンビア・ブラジル・チリ・アルゼンチンではBadooが1位。南米ではBadooの人気が圧倒的です。


◆アフリカ
アフリカも南米と同様に、ナイジェリア・ケニア・南アフリカでBadooが1位を獲得。


◆中東
男女関係に厳しい戒律を持つイスラム教徒がほとんどを占める中東では、トルコ・クウェート・UAE(アラブ首長国連邦)でBadooが人気なものの、エジプトで「Frim」が、サウジアラビアで「WhosHere」がダウンロード数でトップ。Tinderはイスラエルでのみ人気があるようです。


国別ダウンロード数1位のリストは以下の通り。サラッと目を通すだけでもTinderとBadooの人気の高さがよくわかります。

・関連記事
出会い系サイトの通信量にみる男女の外見のとらえ方の違い - GIGAZINE

出会い系サイトの全世界的な実態を明らかにした1枚の図 - GIGAZINE

「美しい人」しか入会を認めない外見至上主義の出会い系サイト「BeautifulPeople.com」によると「美しい人」は北欧とブラジルに多い - GIGAZINE

出会い系SNSがユーザーに無断で心理実験、相性が悪くても「最良の相手」と伝えられるとうまくいく - GIGAZINE

出会い系のサクラは詐欺に該当すると地裁が認定、運営会社に賠償を命じる - GIGAZINE

in ソフトウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log