モバイル

Amazonが激安6000円のFireタブレットをリリース予定と報じられる


The Wall Street Journal(WSJ)は、Amazonが50ドル(約6000円)という激安タブレット端末をリリース予定であると報じています。理由もなくAmazonが激安タブレットを販売するわけもなく、そこには大きな狙いがあるようです。

Amazon to Release $50 Tablet as It Struggles to Sell Pricier Devices - WSJ
http://www.wsj.com/article_email/amazon-to-release-50-tablet-as-it-struggles-to-sell-pricier-devices-1441653902-lMyQjAxMTE1MzAwNzEwMTczWj

WSJによると、Amazonが年内のリリースを計画中のタブレット端末は、6インチディスプレイを搭載し、価格は現行のタブレットFireシリーズの最も安価なモデルのほぼ半額となるとのこと。


この6000円という激安価格を実現するために、端末はコストカットを徹底したものとなり、たとえばスピーカーはモノラルになる見込みだとWSJ。タブレット単体ではほとんど利益が出ない価格ですが、狙いはハードウェア販売で利益を上げることではなく、Amazonビデオなど、有料ストリーミング放送の利用者やプライム会員を増やすことだと見られています。


「ストリーミングムービーを見られれば良い」という割り切った使い方で、安価なタブレット端末を求めるユーザーは一定数いると考えられており、このユーザー層を取り込んでストリーミングムービーなどのAmazonの各種サービスを利用させることで、トータルとして利益を上げることがAmazonの目的だというわけです。このAmazonの戦略が成功するかは不明ですが、Kindleシリーズよりも安価なタブレット端末ということで、大きなインパクトを与えそうです。

・つづき
Amazonが8980円の格安タブレット「Fire」や、初の10インチモデルなどを一挙に発売 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
AppleがHuluやNetflixに対抗してオリジナル映像コンテンツの配信を模索中 - GIGAZINE

Amazon新型タブレット「Fire HDX 8.9」と電子書籍リーダー「Kindle Voyage」速攻フォトレビュー - GIGAZINE

本当にAmazonスマホ「Fire Phone」は失敗作なのか1週間ほど試してみて分かったこと - GIGAZINE

Amazonのジェフ・ベゾスCEO入魂の「Fire Phone」はなぜ失敗したのか? - GIGAZINE

AmazonがTVに差し込むだけの「Fire TV Stick」を発表、Chromecastの対抗馬になるか - GIGAZINE

Amazon「Kindle Fire HDX 7」をバラバラに分解、中身はどうなっているのか? - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by logv_to

You can read the machine translated English article here.