ハードウェア

Appleが3ヶ月で6110万台のiPhoneを販売、iPadよりMacの方が利益を出す実態も明らかに

by Hauptillusionator

Appleが2015年の第2四半期決算発表を行いました。これによると、2015年1月から3月までの間に売れたiPhoneの台数はアナリストの予想を上回る6110万台にも上っていて、未だにiPhoneがすさまじい勢いで売れていることを示しています。

Apple - Press Info - Apple Reports Record Second Quarter Results
http://www.apple.com/pr/library/2015/04/27Apple-Reports-Record-Second-Quarter-Results.html


How many iPhones did Apple sell last quarter? - Fortune
http://fortune.com/2015/04/16/how-many-iphones-did-apple-sell-last-quarter-17/

Apple sold 61.1 million iPhones in the first three months of 2015 | The Verge
http://www.theverge.com/2015/4/27/8504033/apple-iphone-sales-q2-2015

Apple’s Q2 2015: iPhone 6 is still star of the show, iPads are still weak | Ars Technica
http://arstechnica.com/apple/2015/04/27/apples-q2-2015-iphone-6-is-still-star-of-the-show-ipads-are-still-weak/

Appleの2015年1月~3月の売上高は580億ドル(約6兆9100億円)、純利益は136億ドル(約1兆6200億円)、希薄後の1株あたり利益は2.33ドル(約277円)。売上総利益率(粗利率)は40.8%で、昨年同期の39.3%を上回っています。この好調を支えたのはiPhoneとMac、そしてApp Storeでの空前の売り上げだったとのこと。


原動力の1つであるiPhoneは継続して売れ続けているAppleの屋台骨で、この3ヶ月間で6110万台が売れており、その売上高は403億ドル(約4兆8000億円)にもなります。Fortuneによれば、昨年同期の販売台数は4370万台で、アナリストは今期の販売予想を5600万台だと予想していましたが、それをさらに500万台ほど上回る数字をたたき出したことになります。なお、2015年第1四半期の販売台数は7450万台、売上高は512億ドル(約6兆1000億円)で過去最高でしたが、今期はそれに次ぐ数字が出ています。

下記の棒グラフは2012年第3四半期から2015年第2四半期までのiPhone(青)・iPad(黄)・Mac(緑)の販売台数を示したもの。いずれも第1四半期が山、第3四半期が谷となる線を描いていますが、今期のiPhoneの販売台数は2014年第1四半期を超えていて、すさまじい勢いであることがわかります。

Apple device sales | Create infographics


Ars TechnicaのAndrew Cunningham氏は、2014年第2四半期と2015年第2四半期における商品の売り上げ台数を比較。前年同時期に比べ、iPhoneの販売台数は約40%増加し、Macも約11%増えている一方で、iPadは約23%減少しています。


2009年第2四半期からのiPhone(オレンジ)・iPad(緑)・Mac(赤)・iPod(青)の販売台数を見ていくと、iPadのラインは緩やかに右肩下がりに入っていることがわかります。


下記のグラフはAppleの売上高(青)と利益(緑)を示したもの。昨年・一昨年の同期と比べて利益が伸びています。

Apple revenue and profit | Create infographics


昨年同期と比べたときに売り上げの伸び率が大きかったのは中国市場。81.05%増加したことでヨーロッパ市場での売り上げを上回りました。アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋圏ではいずれも売り上げが伸びていますが、日本では12.63%減少しています。


製品別に昨年同期との売り上げ比較を見てみると、販売台数でもわかる通りiPhoneが大きく伸び、Macは微増。一方、iPadやその他の製品は落ち込んでいます。App Store・iTunes・iCloudなどのサービスでの売り上げは伸びています。


2015年第2四半期の総売上における、各製品やサービスの売上シェアを示したグラフがこちら。iPhoneがトップで、2番手はiPadではなくMac。


Cunningham氏は、2015年第3期四半期になるとApple Watchがここにかなり大きな数字で加わるはずだと予想しています。

・関連記事
「iPhone 6s/7」は新色ピンクが加わり感圧センサー搭載スクリーンになると報じられる - GIGAZINE

Samsungが次期iPhone 7(仮称)のプロセッサ生産受注に成功と報じられる - GIGAZINE

中身もデザインも大きく進化「iPhone 6」ゴールド速攻フォトレビュー、5sと比べると圧倒的ビッグサイズ - GIGAZINE

「本当にiPhoneなのか?」と疑うほど巨大な「iPhone 6 Plus」フォトレビュー - GIGAZINE

3日間で1000万台売り上げたiPhone 6/6 Plusの製造原価は2万円台 - GIGAZINE

AppleがiPhoneの売上爆増で過去最高売上高と利益を記録、その理由とは - GIGAZINE

IBMが業績不振で過去最大となる11万人規模の解雇を実施する見込み - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by logc_nt