ムービー

サンタにクリスマスツリーを発射して自宅への侵入を阻止する巨大武器「サンタスレイヤー」


クリスマスはサンタさんが家までやってきて枕元や靴下の中にプレゼントを入れてくれるという子どもにとっては素晴らしい一日ですが、用心深い人の場合は相手がサンタであっても「勝手に家の中に入り込まれるのは嫌!」と思うはず。そんなサンタだろうと誰だろうと勝手に家の中に侵入する者は許せない、という人にピッタリそうなクリスマス期間限定で使える恐るべき武器が「Santa Slayer(サンタスレイヤー)」です。

"The Santa Slayer" - Launching Christmas Trees With The Slingshot - YouTube


サンタスレイヤーの製作者は、さまざまなスリングショット(パチンコ)を作成しては公開する「The Slingshot Channel」というチャンネルを運営しているJoerg Spraveさん。


まずはサンタスレイヤーの鍵となるクリスマスツリーを調達しに行きます。


めぼしいクリスマスツリーが見つかったら即購入。


クリスマスツリーは邪魔な枝部分をバンバンカットしていきます。これではツリーをきれいに飾れない気もしますが、このクリスマスツリーは家の中をクリスマス色に装飾するために使われる訳ではないので問題なし。


そしてツリーはこんな形にカットすればOK。少しだけ枝を残しているのは、巨大パチンコでツリーを打ち出す際にしっかりと手でツリーをつかめるようにするため。


パチンコのゴムを引っかけられるように根元の枝を少しだけ残しておくのがポイントです。


発射台はこんな感じ。


ツリーを打ち出すのに必要な巨大なゴムも、台にしっかりと固定されています。


発射台を正面から見るとこう。


ターゲットは小屋の壁に立てられている木製の板。


ツリーに巨大パチンコのゴムを引っかけて……


少しずつ下がっていきます。


まだまだ下がり……


7メートルくらい下がったら発射準備OK。


手を離すと勢いよくツリーが発射されて……


ツリーが板に当たってポーンと大きな音が周りに響きます。それと同時に爆笑し始めるSpraveさん。


Spraveさんはサンタスレイヤーの出来栄えに満足のようで、大笑いしながら「I love my job!」と自画自賛。


ツリーが当たった部分をアップで見てみるとこんな感じで、分厚い木の板が大きくへこんでいます。


別アングルからもう一度。


バシュッ!


スローで見てもツリーの飛んでくる速度が速すぎて細い棒状に見えます。


インパクト後はかなり跳弾しており、かなりの威力であることは明らか。こんなものを食らったらサンタさんは一体全体どうなってしまうのか……。


続いてSpraveさんは巨大パチンコで発射するツリーに何やらトンテンカンと打ち込んでいます。


その正体は何と巨大なくぎ。くぎと呼ぶにはあまりに大きすぎるような気もしますが、Spraveさんは早くその威力を試してみたいようで若干興奮ぎみ。


というわけでくぎ付きバージョンの威力を早速その目で確かめてみることに。


どんどん下がって……


ついにはカメラからフレームアウト。


そんなこともお構いなしに豪快に発射。


板を見てみると見事にツリーが突き刺さっています。


かなりの長さがあったはずですが、ツリーの根元までしっかり突き刺さっている模様。


引き抜こうとしますがあまりに深く刺さってしまったため、なかなか抜けないようです。


奮闘するSpraveさん。


全体重をかけても一向に抜けないツリーの姿は、くぎ付きツリーの威力を物語っています。


さらに、サンタのコスプレをしながらサンタスレイヤーの威力を堪能するSpraveさん。


そして最後はサンタのコスプレで上機嫌に踊り狂います。訳が分からなくなってきましたが、とにかくトンデモない武器の完成です。


なお、Joerg Spraveさんは自作パチンコの販売も行っています。

Amazon.com : Rambone by Joerg Sprave (black) : Sports & Outdoors

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
今年もクリスマス間近ということでサンタの居場所を追う「サンタ・トラッカー」がオープンしています - GIGAZINE

子どもの夢を壊しそうなダメなサンタの写真いろいろ - GIGAZINE

サンタクロースと電話で話ができるサービス「もしもしサンタ」 - GIGAZINE

サンタクロースがクリスマスイブにどれぐらい働くのかを試算するとこうなる - GIGAZINE

寝ている間にサンタがしている本当の事 - GIGAZINE

in 動画, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.