ムービー

ドロドロの溶岩でBBQしてしまったワイルドすぎるムービー


空き缶を使ってBBQをする方法というものがありますが、それをはるかに上回るものとしてドロドロに溶けた溶岩の上に網を敷き、肉や野菜を焼くというRobert Wysockiさんによるワイルドすぎるムービーが公開されています。

B&P Cook Out on Vimeo


岩を溶かす溶鉱炉・レーン・氷を用意している様子がrobert wysockさんが公開する「Cooking w B&P」。このムービーは「B&P Cook Out」を引いて撮影したもの。


溶岩を流し込むレーンに、ドライアイスや氷をセット。


ドライアイスから冷気が立ち上っており、かなり冷たそう。


次に肉とトングを持った人物が登場。


溶鉱炉を倒し……


溶岩が流れ込んだレーンの網の上に、肉やトウモロコシを載せました。


溶岩は真っ赤で、ドライアイスをどんどん溶かします。


実際にBBQしている風景はこんな感じ。網の上に肉や野菜が載っているのは普通の光景ですが、その下に流れる真っ赤に溶けた溶岩が異様な光景を醸し出しています。


流れる溶岩の上に落ちたトウモロコシの葉っぱは、火が燃え上がることなく溶けた溶岩に飲まれていきました。


溶岩はぼこぼこに湧いており、凄まじい光景。


一旦肉を返してみると……


こんがりといい感じに焼き目が付いていました。


肉の脂がまたも滴り、煙がどんどん上がっていきます。


裏面も焼けたので、肉を網の上から上げました。


真っ赤な溶岩はドライアイスや氷の上でどんどん熱を失い……


冷え固まっていきます。泥の上には、溶岩の熱で溶けた氷で水たまりができていました。


鉄がどんどん熱を失い、ほとんど冷え固まってムービーが終了しました。


ガスや炭などを使って肉を焼くのが一般的ですが、熱源によって味は微妙に違ってくるので溶けた溶岩を熱源にした料理も一度食べてみたいものです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
レシピ本を超越し、本自体を使ってバーベキューを実現する聖書「The Bible of Barbecue」 - GIGAZINE

空き缶だけでBBQができる「ミニ炭火焼コンロ」の作り方ムービー - GIGAZINE

肉の温度を計測可能・LEDライト搭載、バーベキューへの執念を感じるトング「Digital BBQ tongs」 - GIGAZINE

肉を引っこ抜きやすいバーベキュー用の串「Sliders」 - GIGAZINE

直火焼きでバーベキューをリアルに再現「BBQワッパー/グリル」試食レビュー - GIGAZINE

in 動画,   , Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.